2011/11/30 水曜日

12月診察受付時間変更と年末年始 オンサイド!

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 0:45:23

12月以降の診療時間変更のお知らせ

12月15日(木) 12時まで

 12月29日(木)〜1月3日(火)年末年始休診

1月19日(木) 12時まで  
1月24日(火) 17時まで

2月16日(木)12時まで

2月17日(金)17時まで

2月21日(火)17時まで

2月29日(水)12時まで

3月14日(水) 12時まで  
3月23日(金) 17時まで

3月28日(水)12時まで
緊急時(19時より)下記ににお尋ねください。

富士市立救急医療センター0545-51-0099

それでもオフサイド?

dsc08925.JPGdsc08927.JPGdsc08929.JPGdsc08930.JPGdsc08931.JPGdsc08928.JPGdsc08941.JPGdsc08943.JPGdsc08952.JPG

実は東日本大震災の被災地だった鹿島。アントラーズホーム最終戦は清水が相手でした。ジーコの魂が宿る常勝軍団もリーグ優勝には絡めず6位は低迷というらしい。初めてジーコ像をカメラに収めたが、足元には偉大な選手たちの足跡が・・・レオナルド、ジョルジーニョ、サントス。そしてトルシェ・ジャパンのフラットスリーの具現者、日本代表森岡隆三のキャリアもここから始まったのがわかります。

試合は・・開始二分で高原のゴール!のはずが・・・・後で録画を見ましたが、どうみても「オン・サイド」でしたね。鹿島のセンターバックが浮足立つ可能性が大だっただけに0-3の敗戦は残念無念です。

さて、スタジアムも復旧済みかと思いきや、照明塔が二階の座席に置いたある状態で、まさに天から落ちたのでした。スタジアムもかなり揺れたことを物語ります。ナビスコ優勝報告がお痛夜のようなのは、さすが「鹿島」です。どうしてアジアでは勝てないのか?不思議なチームです。そういえば霞ヶ浦にかかる橋が落下したのも震災&台風の影響ですね。がんばれ東日本。

2011/11/16 水曜日

北朝鮮1-0 日本   LRT

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 0:11:09

ピョンアンで22年ぶりのAマッチとして日本が試合をしました。完全アウェーの中、0-1で敗れました。150人の日本人サポの中には日比野克彦さんもいたようですが、ご苦労なことです。すでに最終予選出場を決めた日本はモチベーションを保つのも厳しいでしょう。これでグループA ヨルダン、イラク(ジーコ監督)大国の中国はピンチ グループBは韓国とヨルダンで常連のクウェートとUAEはピンチ グループCは日本とウズベキスタンでできれば1位通過でファーストポットを韓国と分かち合いたいところです。 グループDは豪州決定ですが タイ、サウジ、オマーンのどこかひとつです。グループEは イランとカタール。最終予選はかなり強豪が入ってきます。北朝鮮のアウェーも異常な厳しさと察しますが、中東の灼熱も侮れません。日本・韓国・豪州の牙城を崩すべく中東勢、特にジーコ監督率いるイラクに注目です。

dsc08832.JPGdsc08834.JPGdsc08851.JPG

国際AマッチデーのためにJリーグはお休みです。久しぶりに草薙球技場へ足を運びました。同窓会で教えてもらった冬の高校サッカー選手権静岡県予選、準々決勝 清水東-藤枝東 です。名門同士のしかも全国制覇経験のあるチーム同士で「これぞ高校サッカー」を堪能しました。終始押し気味の清水が延長の末1-3で敗退です。清水の選手、数人の足が攣ったのはやはり体力不足でしょうか?数年前に現代表の内田アツトがいたと思うと不思議です。ユニフォームはレトロな漢字タイプに戻ってましたが、こちらのほうが断然いいです。また静岡市で導入検討中のLRT(路面電車の軽量版)になんと、同級生が静鉄の専務取締役で出席していました。驚き!確か立命館大学から静鉄入社と聞いてましたが、一度静鉄電車でばったりあいましたが、いずれ車掌にでもなるのか?と質問しましたが、そういった経験の上でのポジションでしょう。私は06ドイツW杯のフランクフルト滞在10日でLRTや地下鉄の便を十分堪能しました。もちろん市街地に大型車両は通れません。そういったコンビニなどの営業時間を削ってもLRT導入は不可欠です。富士市も富士駅〜新富士駅〜吉原中央駅〜岳南沿線〜身延沿線〜県営プール運動場を結ぶ交通手段としてLRTでしょう。但し、車の通行量を半分以下にしないと危ないです。そしてA契約まであと96分のアトム、エスパ戦士。のんびり練習見学しましたが、けがのためか小野とユングべりが見当たりません。・・・・・

ところが、サイン会場にユングべりが突然現れました。06ドイツW杯スウェーデンメンバー表を始め早速サインしてもらいました。ミュンヘンでのドイツ戦を観戦したことを告げると非常に驚いた表情でしたが、喜んでくれました。アーセナルのカードにサインをもらうサポーターは多いでしょうがスウェーデン代表の写真は 彼もしげしげと眺めていました。さすがにイブラヒモビッチたラーションのところにはサインしませんでしたが!近近院内掲示します。 象形文字のようなサインですどう読むかはお楽しみに。

次のページ »

HTML convert time: 0.103 sec. Powered by WordPress ME