2011/1/30 日曜日

祝アジア・チャンピオン

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 11:09:44

カタールはドーハで開催中のAFC カップ2011で延長の末、日本が豪州を1-0で下しました。高さに対抗するために、ジュンゴ→岩政にして長友をMFに上げたのが効を奏したようです。とにかく、高さとシンプルなポストからのセカンドボールという豪州の攻めに手を焼いていただけに、さすがザック采配というところでしょうか?もう欧州のチームのような相手にこま鼠のようにしつこくショートパスをつなぐやりかたが、徐々にボディーブローのように利いてきました。天敵、キーウェルもケーヒルも、もう30オーバーなのですね。ということはエディー・ボスナーと同じ99ワールドユース組ということですか。

豪州も世代交代して次回は開催国としてパワーアップしてくるでしょう。これで公式戦6勝7敗、あと少しで五分です。W杯最終予選で同じ組にまたしてもなるのか否か、興味深いですね。1992年カズ、2000年名波、2004年中村俊輔の続き、2011年は本田圭佑がMVPでした。そして代表は海外組が主流のなっています。岡崎も17位に低迷するシュツットガルトの救世主になるべく、勇躍ドイツに乗り込みます。藤本は名古屋で、本田拓也は鹿島でアジア・チャンピオンリーグを戦います。優勝と同時にエスパルスからは3人の日本代表が消えましたが、新生エスパルスは新たな代表を供出できるのか?DF村松(岩下も)MF山本真希 FWは伊藤翔に期待です。これに元代表の高原、小野、小林大悟とくれば、意外とメンツはいいかもしれません。今回のアジアカップの代表空は漏れた、豪州はアレックス・ブロスクに韓国のイ・ホが、噂通りエスパに加入するのなら、昨年よりも経験値は上になりますが、大丈夫か?清水の強化部!

dsc07666.JPGdsc07205.JPGdsc07653.JPG

縁起のいい清正の井に、決勝ゴールで弓を撃つ李の所属、広島のサンフレッチェ、そして岡崎の後継者、高校選手権優勝にして得点王樋口君。

2010南アW杯が、遠い過去であるかのような2011年サッカーシーンが始動しはじめした。93年アジア最終予選カタール・ドーハの悲劇、06年独W杯カイザースラウテンでの1-3という屈辱的な対豪州敗戦の二つを払しょくする優勝。まだまだ、世界に誇れる日本、捨てたもんではないでしょう。しかし、今の若者は臆せずに世界に羽ばたき、頼もしい限りです。

2011/1/26 水曜日

激闘の日韓戦

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:55:30

アジアカップ準決勝日本2-2韓国PKで3-0日本勝利は、激闘でした。中2日前のイラン戦が延長の韓国は、フィジカルが強く、朴智星(パク・チソン=マンU)をはじめ、120分よくまあ走り続けたという強敵でした。韓国の先制点は、パクのスピードに翻弄されてPKを取られましたが、GKがコーチングしなくてはいけません。かつて清水で同じ光景を見ました。日本代表DFと若手GKがなんとお見合いをして、シュートを決められたのですが、ピッチに立てば年齢や経験は関係ありません。その後流れから崩し、戦前の予想通りチャ・ドゥリ(父は韓国の英雄=アジア人で最も有名だったブンデスリーガ チャ・ブンクンというより97仏W杯アジア最終予選韓国代表監督のほうが有名)の裏をついて同点に追い付きました。明らかに日本のポゼッションが高く、韓国は疲労しているように見えた前半で決められる試合でした。延長のPK(よく細貝が詰めていましたが、フィンケ前レッズ監督の指導通りで、さすがにブンデスリーガの育成に長けたコーチは教えることが高度ですね。

パワープレーに出た韓国に最後の最後に追いつかれるのは、決勝の相手豪州を考えると大きな課題です。多分、前半から高さを前面に押し出してくるでしょうから。GKとDFの連携を構築するいい機会ですが、是非優勝して欲しいものです。

岡崎=所属=清水エスパルスの表記。むなしい感じがするのは、全エスパルスサポーターの想いでしょう。しかし、岡ちゃんにはこれをステップアップにしてドイツでもひと泡吹かせて欲しいものです。

勝利=これが、唯一の収穫でしたが、まだまだ頂点までがんばれニッポン。

09アジア最終予選では、ついぞ勝つことができなかった豪州です。今度こそ!

 aeaa.jpgふじのくに、高足蟹の戸田と井田田園コンサート会場から富士山望む=美しいですね。カリフォルニア在住のエスパ新監督にとって、お気に入りの土地になりますように。

2011/1/21 金曜日

心機一転

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 14:58:23

34人中15人と言えば、半数以上。こんなに人が入れ替わるのはチーム発足以来初でしょう。まさに生まれ変わるエスパルス。事実と前むきな感想をひとつ。

代表 岡崎→シュツットカルト(海外志向で想定内)、藤本→名古屋(すでに9月のチーム惨敗の時は決断していたと思うと腹が立ちます、教育実習ドタキャンはあやまったのか?これを契機に禁煙を)、本田拓也→鹿島(八千万の移籍金はありがたいが、彼には伊東輝のDNAがあります、非常に残念、釣り人西部ショックだろうが、彼が湘南移籍と言えばフロントのゼロ提示も納得=鹿島の本田と言えば、彼だが、まさか私生活がそうならないように=釣りざんまいで=代表では頼りになりそう)。

ヨンセン&キムの故郷帰り、廣井&長沢熊本武者修行、高木純平は乞われて札幌完全移籍はいいでしょう。テル&イチの甲府、青山(元代表もまだ24歳)の横浜も納得です。しかし、キャプテンの柏、原一樹の浦和はいかがなもんでしょう。・・・・と永畑はじめ新天地での活躍を祈る選手と、エスパ戦は遠慮して欲しい選手が入り乱れています。

dsc07677.JPGdsc07679.JPGdsc07682.JPG

こうなれば、オレンジに愛を持つ、元サポーターの彼しかいないでしょう。「鍋田亜人夢」レフティーです。原口元気、宇佐美ばりに活躍してもらわなければ困ります。本来は個人応援会には興味ないのですが、同級生の息子、幼少時より関わっているだけに特別です。いずれ10番か14番で清水のエースに育ってもらいましょう。藤本&兵働の移籍が吉と出ますように。

 草刈り場の後もなかなか粒はそろってます。

3番 平岡康裕
 7番 山本真希
11番 大前元紀
14番 伊藤翔
16番 木島悠
17番 エディボスナー
18番 小野伸二 
21番 武田洋平
27番 鍋田亜人夢

19番 高原直泰
10番 小林大悟
26番 村松大輔
13番 高木俊幸
25番 岡根直哉
20番 橘章斗
22番 樋口寛規
24番 柴原誠
31番 櫛引政敏

イ・ホ獲得と右サイドバックが残る2つのピースで夏に補強でしょうか?現有勢力でもトップ5は狙えそうですが。高原!小林大悟! 小野伸二ともども高卒ですぐに来て欲しかった!

2011/1/11 火曜日

AFC

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 13:27:54

アジアカップです。W杯と異なり、いまいち評価が高くない大会ですが、「アジアナンバーワン」を決める大会がカタール・ドーハをはじめ「中東」のカタールで開催されています。初戦の日本は0-1からロスタイムにヨルダンに追いつく辛勝でした。W杯での日本の躍動はアジアに勇気を与えると共に標的になっています。かつて、高度成長期にGNP上昇の機運から遅れること30年ですか。あのドーハの悲劇1993年の、かの地で開催されているのも興味深いです。

しかし改めてアジアの広さを痛感します。南半球のオーストラリアから旧ソビエトのウズベキスタン、そして極東から日本、韓国、北朝鮮に中国が中近東に集結していますから。

日本、韓国、豪州のW杯出場組が第一グループでしょう。北朝鮮よりも中国、おして中東勢(サウジ、クウェート)が第2グループ。そしてダークホースが優勝3回誇るイランです。最近の国内不安などでイラクともども凋落傾向かと思いきや、彼が立て直します=ゴドビ次期清水監督。ある意味日本代表よりも注目です。どんな戦術を施すのか?2002W杯韓国躍進の影の立役者=ヒディング監督の片腕と言われると期待しないほうがおかしいでしょう。宗教、人種を越えて、「エスパルス」というマイチームを強化する指導者にリスペクトの意を表したいものです。さて、同世代の彼の人生はイラン革命で翻弄され、12歳で米に亡命したとか、イラン人というよりもビジネスに科学を取り組んだアメリカ・スポーツの信望者というアメリカ人コーチとしたほうがいいかもしれません。また韓国でオランダとの接点、日本も大宮の分析担当を実施したり、どうも数年前からJリーグとはかかわっていた形跡があります。

dsc07632.JPGdsc07497.JPGdsc07495.JPG

キム・ヨナに代表される選手強化、カジノも合法の済州島の特区、何よりも電子化が日本の3年先は進んでいる韓国で受け入れられたその手腕、まずはアジアカップでイラン代表が決勝トーナメントに行くかどうか、お手並み拝見です。

また、大宮の元韓国代表(26歳復活あるでしょう)のイ・ホをエスパルスのボランチに熱望している点で、何かヒントがありそうです。真夏の大宮3-0清水ではラフェアエルとイ・チョンスばかり目立ちましたが、しっかり後方からサポートしていたのが彼、大型ボランチです。

高校選手権優勝の滝川2高から入団の樋口君らともども、暗雲立ち込める清水に明るい光を差し込んで欲しいものです。

2011/1/4 火曜日

謹賀新年

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 14:42:41

当院は本日より診療開始です。

久しぶりの三嶋大社、ご利益ありますように・・・くじは

dsc07644.JPGdsc07647.JPGdsc07645.JPG

コノ地は富士山の湧水で有名で、清流のためそばも美味です。しかしトロロ名も名物とは知りませんでした。

本年も三日市整形、清水エスパルス、サッカー日本代表をよろしくお願いいたします。世知辛い世の中、Jリーグは世相を反映して、年配者リストラ、有望若手リクルートと心配な要素が多々あります。地元就職のUターン組だけでは・・・・

ピークに達しているときにリターンしてください、長谷部さん、内田さん(←まさにウィークポイントで本音です)。風邪、花粉症にご注意を。

次のページ »

HTML convert time: 0.111 sec. Powered by WordPress ME