2010/3/31 水曜日

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 13:36:12

4月以降の診療時間変更のお知らせ

4月9日(金)17時まで
4月15日(木)12時まで
4月22日(木)12時まで

5月12日(水)12時まで
5月24日(月)17時まで

5月27日(木)12時まで
5月28日(金)休診

5月29日(土)休診

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

春到来も寒い日々が続きます、ご自愛ください。念願の交通博物館へ行ってきました。関東も桜満開で入学式のころは葉桜でしょう、地球温暖化をひしひしと感じます。大宮も寒かった。そしてかつての名門東京ベルディーの味スタは5万のキャパに5千弱、寒々としていました。背番号10、富士出身の菊岡には注目です。彼の経歴を見ると、Jへの道がわかります。

それにしても国立で緑の旗を振っていた人々はどこへ消えたのでしょう?FC東京?浦和?・・・・・ 寂しすぎます。栄枯盛衰、明日は我が身ですね、隣人のサックスブルーにも同じ香りがします。

dsc06101.JPGdsc06120.JPGdsc06125.JPGdsc06140.JPGdsc06133.JPGdsc06150.JPG

出世魚のような選手(代表DF中沢)も居ます。菊岡拓朗もがんばれ!

当院ではまもなく栄光のヴェルディー40年記念誌を図書に置きます。ご興味のある方は一読してください。

2010/3/24 水曜日

ライター大場氏 逝く

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 23:35:51

悲しい訃報です。エスパルスサポーターにはお馴染、歯に衣を着せぬ意見で舞台裏を教えてくれた有能なライターです。享年43歳、若すぎます。エスパルスマッチデープログラムでのオフト監督への表現や、ラジオ番組MC時代の過激な質問も、エスパルス愛に裏打ちされた表現方法だったと理解してます。特にBAR KENのコラムは秀逸でした。外国人選手の獲得の経緯、交渉の過程など、サポーターが疑問に持つ点をずばり、文章表現できる才能は稀有です。

思えば、海外サッカーは ジャンルカ・トト・富樫氏のセリアA、日本平スタジアムでの磯貝@G大阪への評価、浜松PJMフーチャーズのアルゼンチン選手(86メキシコW杯優勝メンバー二人)情報、何より97.11.3蚕室での韓国-日本のフランスW杯最終予選での現地での見どころ解説などが私の中ではナンバーワンでした。そんな富樫氏もアフリカ選手権の取材中に亡くなったのが2006年W杯イヤー、54歳でした。

ロベルト・ケンジーニョが富樫氏にあやかった大場氏のライターネームか否かは存じ上げませんが、サッカーの師匠二人が亡くなったのは悲しいです。それもW杯イヤーに、日本代表の結果を知らずに。

大場健司さん、どうぞ安らかに。南アフリカでのエスパ選手の活躍、そして年末のエスパルスの優勝を天国から見届けてください。エスパに所属した各選手もきっと、ケンジーニョの辛口の叱咤激励エールを待ってたはずです。まだまだ極めて欲しかった・・・・

 http://www.s-kyoku.com/

こんな記事を書くJリーグライターを他には知らない。(通常は有料サイトです) 。心からご冥福をお祈りします。優勝レポートの大場S極を読みたかった。

2010/3/23 火曜日

リニューアル

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:57:57

球春到来、といってもJリーグは既に第3節を迎え、目下のところ清水は首位です。これが12月の第34節まで続けばいいのですが、そうはいかないでしょう。怪我人、低迷チームのテコ入れ、W杯中断での流れの変化・・・・チームスローガンの自信、確信でぶれないチーム作りを求めます。結果はおのずとついてくるでしょう。試合での小野伸二の存在感はさすがですが、練習もまた融合して楽しそうです。人柄も反映する場面もいくつかありましたが、基本的に素直な性格なのでしょう。鍋田亜人夢などもいい影響を受けているようです。しかし、開幕まもなくでレギュラーCB二人の離脱は痛いです。ACLにリスフラン。思えば健太エスパルス1年目に入団した選手ですから、今年トシ男の24歳を迎えます。いずれ二人揃って代表のブルーのユニフォームを着るでしょう。ここは同期の平岡(清商出)廣井(駒澤大)に期待します。いよいよチーム全体で戦わなくては乗り切れないシチュエーションを味わえます。強豪チームはさらにアジアチャンピオンズリーグも戦うわけですから、登録選手がすべて公式戦に出場しないと苦しい台所事情になるでしょう。その点、鹿島はOKでしょうが、外のチームは残留争いに巻き込まれるかも知れません。

パ・リーグは一足早く、開幕しました。春先に試合を見れるのは何年ぶりでしょうか?西武ドームも観客動員のために生まれ変わりました。まず、ホームが3塁側です。形からしてオークランド・アスレチックスをの本拠地を彷彿させますが、球場内に足湯があるのには、驚きました。プリンスホテルのホズピタリティーを残しながら、脱西武色をはっきりと打ち出してます。12年前、注目のルーキーとして市川大介(清水、フランスW杯補欠)、松坂大輔(西武ライオンズ、のちにボストン)が大好きな両チームのフレッシュな戦力でした。干支が同じ、2010年は鍋田亜人夢(エスパ、南アフリカどうかな?)と菊池雄星(西武ドラフト1位)に期待です。彼らが、世界の舞台で戦う日はきっとやってきます。やはりチームは生き物ですね。

dsc06046.JPGdsc06052.JPGdsc06054.JPGdsc06056.JPGdsc06059.JPGdsc06062.JPGdsc06055.JPGdsc06056.JPGdsc06076.JPGdsc06089.JPGdsc06085.JPGdsc06096.JPG

まだ、桜満開とはいかない、三保、所沢。

2010/3/16 火曜日

ホーム開幕

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 18:32:55

アウスタ@日本平はほぼ満員で派手なキックオフ(上空から)で山形を3-0で一蹴してくれました。

12月Jリーグシャーレが日本平にあることを祈ります。それにしても1998年フランスW杯の年、小野伸二は日本代表、清水エスパルス所属で送り出したかった。そして南アフリカの地へ、彼は4度の日の丸戦士でピッチに立つと確信します。パフォーマンスはかなり仕上がって、レベルが高いことがよくわかりました。

dsc06021.JPGdsc06038.JPGdsc06039.JPG

18年目のJリーグ、オリジナル・テンのチームとして清水に栄冠がきてもいい時期です。 http://www.youtube.com/watch?v=ml_iHXNmbJY&feature=player_embedded

Confidence=自信そして確信

2010/3/11 木曜日

ホーム開幕 メタボ解消に減量

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 15:01:46

いよいよホーム開幕山形戦です。昨年はジュビロがホームで6失点した相手です。代ってリベンジしてあげましょう。

セスナ機とヘリコプター2機によるデモンストレーションのあと、
ヘリコプターより試合球を投下する始球式を行ないます。

えつ

かつて雨の開幕戦、二階がないころですから1994?に確かパラシュート降下でさんざんなイベントがありましたが・・・ 成功を祈りましょう。

さて、メタボ検診しっかりひっかかりこの2月よりダイエット中です。MAX=81.9kgも1カ月で5kg減の76kg台です。20歳のころが58kg(これが理想)ですが、日コツ骨折でテニスから柔道へ転向したころが66kg、大学病院でストレッシングな講師のもとで72kgですから道は遠いです。サッカードクター

の会はいつになく走れたのは、減量の成果ですが

dsc06007.JPGdsc05991.JPGdsc05993.JPG

サロンのシンポジウム、ラグビーよかってですね、代表選手が試合前に気軽にサインをすることは驚きました。そして伝統のラグビー校。 何よりも美しい芝生のピッチが保たれるのも練習が週に2-3回のせいらしいです。もちろん個人練習はするのでしょうが。そう考えると少年団や高校サッカー部の連日の猛練習は百害あって一利なしですね。神戸製鋼(新日鉄釜石の連覇を阻んだ)の京大ドクターのフィジカルアドバイスの講演会をかつて聞きましたが、確か異様に練習時間が短かったのを覚えています。筋トレはさすがに質が高そうでしたが。

2010/3/8 月曜日

J開幕 で

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 22:26:43

清水がロスタイムで追い付いて、アウェーの地で広島から勝ち点1取ったとか、王者鹿島が2-0で浦和玉砕とか、観客動員がやや減少とか、もちろん目を通しています。しかし、最大の出来事はNACK5 スタジアムで起きた現象でしょう。

>大宮対C大阪戦、骨肉腫で治療に専念する大宮・塚本泰史選手に対し、C大阪サポーターは「塚本コール」でエールを送った。アウェーのC大阪ゴール裏には「塚本、絶対ガンに負けるな」の横断幕が掲げられ、試合前に塚本泰史選手が挨拶を行うと「塚本コール」でエールを送った。塚本は、他チームのファン・サポーターからの熱い声援、、また募金活動などに感謝すると同時に「次は自分が頑張って、皆様に恩返する番だなと、心から思います」とコメント。さらに、このように続けている。「今、自分の夢は、日本代表に入るとか、ワールドカップに出るとか、そういうことではなく、ただ純粋にサッカーがしたい。ピッチを全力で走り、仲間のみんなとまた笑いながらサッカーをしたい、それだけです」<

大宮の塚本選手、背番号2ということはレギュラーDFだったのでしょう。残念ながら生で彼を見た記憶はありません。しかし骨肉腫はまさに整形外科の領域で、その病態、治療、手術、リハビリを知っているだけに、胸が痛みます。彼にエールを送るとともに、病魔を克服してサッカー界に戻ることを祈念します。

サッカーのもつエネルギーは大きいですね。浦和のサポーターの数もすごいですが、今回の大宮の件は数よりも大きなものがあることも教えてくれます。横浜F消滅のムーブメントのときに感じた、何かを感じます。侮れません、アルジージャ!同じオレンジのチームとしては試合には負けられませんが、塚本選手とサポーターにはエールを送ります。

2010/3/6 土曜日

12年越しの恋

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 9:01:12

いわずと知れた小野伸二のことです。17年前のJ創設では地元選手を集めたかったのですが、風間(広島)、江尻(千葉)、反町(横浜F)、沢入(名古屋)武田(川崎)などは既に各チームの主力でした、しかし清水三羽烏、ヤス、そしてノボリなどは終結しました。惜しむらくはカズ(読売)ゴン(ヤマハ)などのちの代表中心選手が取れなかったのが痛かった。さらにJ開幕後も藤田&名波(磐田)山田&三浦文(横浜)相馬(鹿島)望月重、平野、大岩(名古屋)西沢&森嶋)(大阪)啓太(浦和)など逸材が地元流出の流れは止まらづ1998年フランス日本初出場W杯の年に南(柏)高原(磐田)小野(浦和)で決定的ダメージをこうむりました。

12年の年が流れW杯の年にあの「小野伸二」が戻ってきました、カズ&ゴンに匹敵する静岡の至宝。エスパにタイトルをもたらすと期待します。活躍が日本代表につながりますが、彼の成功を祈りつつ、ナビスコなどで不在の在を感じる可能性も否定できないジレンマがあります。そうし鹿島に栄冠を取られ続けましたが、そろそろ終止符を打ちましょう。打倒、内田アツト。いずれ彼も高原もオレンジのユニを着てくれることを祈りながら。山西、西沢ののように。 

今日J開幕です。加圧トレーニングは?ですが、王者の使うパワープレーとは秀逸です。

dsc05876.JPGdsc05986.JPGdsc05985.JPG

2010/3/1 月曜日

3月以降診療時間変更

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 12:59:03

3月以降の診療時間変更のお知らせ

3月3日(水)12時まで
3月17日(水)12時まで

3月20日(土)11時まで
3月23日(火)17時まで

3月31日(水)12時まで

4月9日(金)17時まで
4月15日(木)12時まで
4月22日(木)12時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

 

次のページ »

HTML convert time: 0.123 sec. Powered by WordPress ME