2009/12/29 火曜日

天皇杯準決勝 仕事納 来季予定

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 21:56:59

地元静岡、準本拠地の袋井市エコパで東海のライバル名古屋グランパスと清水エスパルスは対戦しました。元日の国立へ向けて・・・・

dsc05709.JPGdsc05712.JPGdsc05714.JPG

PK戦の末、ピクシー率いる赤シャチ軍団に負けてしまいました。残念ながらタイトル奪取とACL出場なりませんでした。名古屋がG大阪に勝てば、再挑戦、ガンバの連覇なら、リーグ4位の広島がアジア初挑戦です。残念無念。そもそも試合会場が地元の地の利、先制点を奪い、PK戦もなぜか、右サイドのエスパ側(96年ナビスコ決勝 対ヴェルディと同じシチュエーション)なのに、自ら運を手離した感があります。 来季水曜日にアジアの試合、プレシーズンマッチのXeroxカップで王者鹿島と対戦できると楽しみにしていたのに、モチベーション下がります。

来季は新戦力を迎え、ナビスコ&天皇杯のカップ戦はベスト4、リーグ戦は一度は首位に立ちながらまさかの5連敗(最下位大分、J2降格の柏での完敗含む)で結果的には7位からの巻き返しです。途中南アフリカW杯を挟むので、岡崎など選手の入れ替えもあるでしょう。どんな選手がでてもピッチで結果を出して欲しいものです。十分、強豪と呼ぶにふさわしいチームに成長したと思えますから。 皆さん、良い年を。2010W杯イアーにエスパにタイトルを!

2010年1月以降の診療時間変更日のお知らせです。

12月26日(土)〜1月3日(日) 年末年始休業

1月4日(月) 17時まで

1月7日(木)12時まで
1月13日(水)12時まで

1月27日(水) 12時まで

2月3日(水)12時まで
2月17日(水)12時まで
2月23日(火)17時まで

3月3日(水)12時まで
3月17日(水)12時まで
3月23日(火)17時まで

3月31日(水)12時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

2009/12/22 火曜日

防寒

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:09:35

クリスマス、年末、お正月。気の緩みやすい季節です。自重しましょう。温暖地からの便りを目の保養に。12/29エコパは必勝体制のエスパであって欲しいものです。あわよくば、元旦にG大阪を倒してアジアへ進出しましょう。

aji1218.jpghata1217.jpgkame1216.jpgkame1218.jpgmanta1215.jpgminokasago1217.jpgsame1216.jpgsanma1216.jpgyosuji1216.jpgumeiro121502.jpgyacht1215.jpg

南国で英気を養った人は 人一倍仕事をしてください(^0^)

2009/12/15 火曜日

静岡の至宝、入団か?

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 23:56:47

J創設時、チーム母体がないエスパルスは他チームの静岡出身者で固めて発進しました。しかし、目玉のカズ、武田は環境面でヴェルディーに残留し、当時、アマチュアのヤマハのゴンは筋を通して翌年のJ入りにかけました。最強の清商OBの藤田俊哉、彼を慕う名波はお隣の県内チームにさらわれ、2002年日本人純血でJ王者になりました。川口ヨシカツ、田中誠・・・清水東のFW高原、清商の小野と1995年SBSで知った、新しい力はことごとく流出しました。エスパルスは清水の高校生にとっては、避けたいチームなのか?と悲観にくれた日々・・・そんな流れも、西澤のC大阪からのUターンから変わりました。これも健太監督の功労でしょうか?清商時代の小野伸二はまさに「天才」でした。思わず、1998年レッズボルテージに彼のグッズをいち早く探そうと浦和駅に行ったのが2月、しかし店員の「オノって誰ですか?」の返事には唖然としてしまいました。

その小野伸二がブンデスリーグ、ボーフムから今年にもエスパ入団?これは来季エスパ、そして日本代表にとって大きなクリスマスプレゼントです。そしてエスパが天皇杯優勝すれば、ACL出場が元旦に決まります。これって、お年玉以外のなにものでもないでしょう。

    世の中、まめな人がいるものです。本来、YouTubeは紹介しませんが、なんか上昇気流の清水エスパルスの気配を象徴するものとして!

            ↓

http://www.youtube.com/watch?v=pPMC3EMnsuI

2009/12/6 日曜日

鹿島3連覇

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 11:44:47

あ〜ぁ 

 

内田篤人のクロスを興梠がヘディングで決勝点・・・W杯に取っておいて欲しいものです。またアツトは終盤苦しい時間帯で右サイドバックから相手チームのバックパスを追いかけ、キーパーにプレッシャーを掛ける・・・逃した魚は大きい!なかなか市川の後継者がいないエスパを想うと、代表のアツトは応援できますが。今年も天皇杯決勝に進めない場合は初蹴りに来るのでしょうか?清水へ

2009/12/5 土曜日

W杯組みわせ そして去る人、来る人

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:49:05

 2010年6/11(金)開幕FIFAW杯の組み合わせが決定しました。

●グループA
南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス

●グループB
アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシア

●グループC
イングランド、アメリカ、アルジェリア、スロベニア

●グループD
ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ

●グループE
オランダ、デンマーク、日本、カメルーン

●グループF
イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア

●グループG
ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル

●グループH
スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ

FIFAランキング43位の日本は6/14(月)ブルームフォンテーンで11位のカメルーン、6/19(土)ダーバンで3位のオランダ、6/24(木)ラステンバークで26位のデンマークと対戦します。決勝トーナメントに進めばF組のイタリアやパラグアイと対戦です。死のグループGよりはましでしょうが、何かドイツ大会より厳しいですね。寒さと高地対策をしっかりやって日本のサッカーを披露してもらいましょう。開催国が予選リーグ敗退はないのでA組ではフランスが脱落するかもしれません。韓国も厳しいですね。オーストラリアはドイツに次ぐ可能性を感じます。北朝鮮は・・・・勝利しないと国内放送ないそうですが、出場を知っている国民はそれこそ動乱を起こしかねません。まあ、インターネットの時代ですからいよいよ開放の道を歩むかもしれません。ところでアフリカ勢は地の利といいますが、広大です。南アフリカ国民がカメルーンを応援するでしょうか?ここは中立の地で今まで欧州では欧州が、それ以外では南米に凱歌があがりましたが、もしかするとアジアにもチャンスがあるかもしれません。是非、世界を驚かして欲しいものです。1966年イングランド大会の北朝鮮のように・・・ 7/11(日)ヨハナスブルグの決勝の地に立つのは旧宗主国?南米の雄?無敵艦隊ユーロ王者?

dsc05334.JPGdsc05630.JPGdsc05320.JPG

日本平に最後の雄姿、ジュビロのゴン中山、そしてエスパトップ昇格のユースのアトム鍋田。時代は確実に変わります。フランスW杯消化試合とはいえジャマイカ戦でW杯初ゴールを決めた中山、その後ピッチに倒れ福林Drが×を出していたシーンが印象的です。ちなみに日本、ジャマイカ以外では世界で放送されませんでした。あのゴールで腓骨は折れるのですね。そしてアトム君にはW杯決勝戦での決勝ゴールを期待します。可能性はゼロではないでしょ?

2009/12/4 金曜日

12月診察受付時間変更と年末年始

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:56:57

12月以降の診療時間変更日のお知らせです。

12月3日(木)12時まで
12月16日(水)12時まで

12月18日(金) 17時まで

12月25日(金) 17時まで

12月26日(土)〜1月3日(日) 年末年始休業

1月4日(月) 17時まで

1月7日(木)12時まで
1月13日(水)12時まで

1月27日(水) 12時まで

2月3日(水)12時まで
2月17日(水)12時まで
2月23日(火)17時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

いよいよ師走です。Jリーグもなが〜いシーズンは次節で最終です。まだ、優勝チームが決まっていないのでは、1シーズン制否定派からすると意外な展開で、このシステムにしてからむしろ毎年、最終節にもつれ込んでいます。2シーズン制は短期決戦にも関わらず、最終前に決まったりしたのは、なぜ?という感じです。エスパは一度は首位に立ちましたが、その時の勝ち点50のまま・・・・強豪は勝ち点を重ね、鹿島63、川崎61とため息がでる状態です。

さて、最終節は2チームとも勝利もあれば、敗北もあるとみています。そして鹿島の3連覇・・・あまり心から祝福できませんが、最後はそうなるものなのですね。ながいシーズンを通し、最高の勝ち点を挙げたチームがチャンピオンなのです。

川崎、関塚監督は直接は知りませんが、引佐日赤の同僚に御親族がいた関係で本田技研時代から名前は知ってます。あのJ発足時に黒崎、本田泰人らとアントラーズの中核をなすべく、コーチとして単身赴任していきました。一度は凋落した鹿島から監督のオファーがあったらしいのですが、J2からフロンターレを指揮し、いまやエレベーターチームどころか京浜工業地帯よりも有名な川崎のシンボルのチームの監督です。きっと鹿島への恩返しで逆転優勝したいのでしょうね。しかし、外人補強ルートや巨大企業富士通のバックアアップなど、財政がいいとはいえない清水サポとしては手放しで応援できません。

降格は大分、千葉、柏となんとサッカー王国千葉からJ1の灯が消えるという予想外の展開です。フクアリ、柏台とも駅から徒歩圏内のスタジアムへ来季行けないのは残念無念です。大分は身の丈以上のことをしてしまったのでしょうね。2008年秋の国立でナビスコ杯を争った中ですが、シャムスカは名将だったと思います。そのタイトルのご褒美のパンパシフィック大会@ロサンゼルスの2月の試合に焦点を当てた結果がこの低迷です。ナビスコ杯は下手をするとJ2降格の道しるべかもしれません。ヴェルディー、柏、千葉、そして大分。もちろん浦和、G大阪のように強豪への登竜門という見方もできますが。昇格はC大阪、仙台、そして多分湘南。特に仙台のユアテックスタジアムは清水の試合を観戦したことがないので、来季が楽しみです。仙台サポの方々よろしくお願いします。特にYUDr。一緒に観戦は無理かもしれませんが。日本平では歓迎します、なんなら席もご用意します。オレンジの服を着てもらいますが(^0^)

鹿島も川崎も毎回、多数日本平にお越しいただき深謝します。dsc04822.JPGdsc05172.JPGdsc05393.JPG

次のページ »

HTML convert time: 0.113 sec. Powered by WordPress ME