2009/11/25 水曜日

終戦、ジャンプ!

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:58:02

大一番、G大阪戦がアウスタ@日本平で行われました。心配された天気も雨どころか秋晴れ状態で、非常にすがすがしい中で前売り完売の超満員状態で試合は行われました。高木和道のアシストで先制、途中投入のチョ・ジェジンのゴールで追加点・・・・残念ながら元エスパ選手達の活躍で0-2で大阪に完敗でした。3位大阪にも追いつけなくなり、優勝はおろかACL出場権も遠のく一敗でした。サポーター有志のコレオグラフェーだけが唯一の救いです(美しかった、PUMAも協賛してくれてるのですね)

dsc05632.JPGdsc05626.JPGdsc05629.JPGdsc05625.JPGdsc05633.JPGdsc05631.JPG

悔しいので、関係ありませんがフィギュアスケートのエレメンツの中でも難解なジャンプの解説です。スピン、ステップよりも難易度は高いですね。

1)トウループ=後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで滑り、左足のトゥを使ってジャンプ、後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆

2)ループ=後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで滑り、左足を少し前に出してジャンプ、後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆☆☆

3)ルッツ=後ろ向きに左足のアウトサイドエッジで滑り、右足のトゥを使ってジャンプ、後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆☆☆☆

4)サルコウ=後ろ向きにインサイドエッジで滑りながら、右足を前方に振り上げてジャンプ、後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆☆

5)フリップ=後ろ向きに左足のインサイドエッジで滑り、右足トゥを使ってジャンプ、後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆☆☆☆

6)アクセル=前向きに左足のアウトサイドエッジで踏み切り、ジャンプ!後ろ向きに右足のアウトサイドエッジで着氷 難易度☆☆☆☆☆

2009/11/20 金曜日

冬化粧

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 9:02:19

dsc05620.JPGdsc05543.JPGdsc05619.JPG

つい最近まで、半袖でOKだった静岡でも富士山の雪化粧が晩秋から初冬を感じさせます。インフルエンザの猛威も心配ですが、規則正しい生活で手洗い、うがい励行で乗り切りましょう。

>2007年8月に始まった来年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の予選は、前回準優勝のフランスがプレーオフ延長戦の末に出場切符をつかむなど、最後まで厳しいものだった。
 全体的には19大会連続出場となる王国ブラジルや昨年の欧州選手権(ユーロ)優勝のスペインなど強豪が順当に勝ち上がった。イングランドもユーロ予選敗退の雪辱を果たし、世界ランキング上位20チーム中17チームが顔をそろえる。
 一方、同8位のクロアチアやユーロ4強のロシア、トルコ、6大会連続出場を狙ったスウェーデンの敗退など、やはり欧州に激戦の跡が残った。アフリカ王者のエジプトは一発勝負のプレーオフで消えた。個々の選手をとっても、イブラヒモビッチ(スウェーデン)、アルシャビン(ロシア)、チェフ(チェコ)、アデバヨル(トーゴ)らの姿が見られないのは残念だ。
 もっとも、フランスのほか、世界最高峰のロナルド、メッシをそれぞれ擁しながら敗退危機に直面したポルトガル、アルゼンチンなど予選突破に安閑としていられないチームも。フランスはドメネク監督、アルゼンチンはマラドーナ監督への批判も強く、本番までにどう立て直すか。
 初めて本大会に駒を進めたのは、チェコと分離後初のスロバキアと、旧ユーゴとセルビア・モンテネグロ時代を除けば初のセルビア。前回は、初出場がアフリカの5代表中4チームを含め計6チームあっただけに、新鮮味には欠ける。その代わりに、8強入りで世界を驚かせた1966年大会以来44年ぶりとなる北朝鮮や、7大会ぶりのニュージーランド、ホンジュラスなど復活組が多かった。
 4・5枠だったアジアは前回と同じ4チームの出場。オーストラリアがオセアニアから転籍した分、競争は激しくなったが、他大陸予選と比べれば日本などは恵まれた印象もある。前回大会はアジア代表の16強入りはなし。低迷が続けば、次回の大陸出場枠に影響しかねない。(パリ時事) 

なるほど、アンリのハンド、エジプトとアルジェリアなど遺恨を残す予選結果でした。ちなみにアジアは5チーム出場ですが、上記の脱落有望国からすれば「アジアは2枠、百歩譲って3枠」の声が起きそうです。そうなると日本のベスト4はノルマですね。またしてもアジアが16強に残らなければ2014ブラジル大会予選では現実になるかもしれません。

エスパ、残り3節で優勝の可能性が残るのは画期的ですが、岡崎、代表15ゴール、Jリーグ14ゴールはどうなの?残り3試合でうわずみして得点王&MVPそしてチームはACL出場を願います。ゴンと高原、ACL出場なら欲しいタレントでしょう。

2009/11/10 火曜日

浦項(ポバン)ステラーズ、そして

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 9:00:21

残念ながら日本シリーズ読売4-2北海道のNPBに世間の耳目が集まる中、国立霞ヶ丘競技場でアジア・ナンバーワンのクラブを決めるACL決勝戦が行われました。ちなみに早割1000円で定位置、聖火台下で観戦できました。Jリーグの強豪も敗退し、この大会の難しさを痛感しましたが、韓国の浦項もサウジアラビアのアル・イテハドもレベルがそれなりに高く、アジアの頂点を極めるにふさわしいチームでした。TOYOTAがスポンサードしている関係でMVPはプリウスです。dsc05544.JPGdsc05549.JPGdsc05552.JPGdsc05555.JPGdsc05578.JPGdsc05586.JPGdsc05591.JPGdsc05594.JPGdsc05595.JPG

柏、仙台でも活躍した元Jリーガー岡山一成の出番はありませんでしたが、今後もKリーグ行きを考える日本人は増えるでしょう(これも海外組、ゴン中山は?)。これで12月の世界クラブ選手権(横浜からドバイへ2年間移行=是非取り戻して欲しい)に出場して、あのバルセロナと戦えるかもしれないのは、正直羨ましい。dsc05606.JPGdsc05604.JPGdsc05607.JPGそんなACLの舞台に立つべき我が、エスパ。今日負けるとJ2降格が決定する柏レイソルに、なんと0-5の大敗です。ライブでこれだけの敗北を見るのは初めてなので、今だにショックです。今後の戦いにも影響するでしょう。もうワンランク上を行かないとアジアの舞台に出たり、タイトル獲得は無理であることを知らされました。そもそもはナビスコ準決勝、日本平での対FC東京での岩下への不可解なレッドカードが始まりですが、夏場の好調清水の面影はありません。メンバー一新が求められますね。監督続投は決定なので、今後はコーチ陣、選手の入れ替え、現有戦力の急速なレベルアップが望まれます。南アフリカ遠征へ向かった岡崎選手を見ていると、不可能ではないと思いますが・・・・・、走れ、淳吾!まだ期待しているぞ、そしてカムバック浩太、彼の展開力はやはり有能でした。

2009/11/2 月曜日

レンカとは連歌

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:08:09

11月以降の診療時間変更日のお知らせです。

11月12日(木) 12時まで

11月18日(水) 11時まで

12月3日(木)12時まで
12月16日(水)12時まで

12月18日(金) 17時まで

12月25日(金) 17時まで

12月26日(土)〜1月3日(日) 年末年始休業

1月4日(月) 17時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

dsc05523.JPGdsc05525.JPGdsc05530.JPG

天皇杯 清水2-0札幌 @ アウスタ日本平の後に 清水東OB会に久しぶりに出席しました。前回はハンブルガーSV所属の高原グッズが出展された時ですから2005年?当時の清水エスパルスは2部降格を争ってました。さて、28回生主催のOB会では宿敵、ジュビロ磐田の礎を作った功労者、和明氏が乾杯の音頭を取ってます。清水東-東京農大-ヤマハそして日本代表は、当時のエリート路線です。今や「まさみ」パパの方が通りがいいようですが、かつての清水の王子、憧れの存在です。今は浜松大学を指揮してますが、当院の患者もお世話になっているようで、指導者として、またはエスパ解説者として辛口トークで盛り上げて欲しいものです。

PS)連歌=校歌→列日→白熱の力→紫雲 です。幸いなことに、在籍中に甲子園で清水東-県岐阜商、さらに大学時代のお正月に国立で清水東-古河一、帝京、韮崎で歌い上げることができ、感慨深いものです。 聞けやわが清高の雄叫びの声を・・・清高健児の熱球に大地も崩るる意気見ずや・・・・燃える闘魂のテーマと共にあの応援席が瞼に浮かびます。

次のページ »

HTML convert time: 0.112 sec. Powered by WordPress ME