2009/8/31 月曜日

9月以降 診療時間変更 オランダ

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:38:10

9月以降の診療時間変更日のお知らせです。

9月2日(水)12時まで
9月17日(木)12時まで
9月30日(水)12時まで

10月3日(土) 11時まで

10月8日(木)12時まで
10月22日(木)12時まで
10月28日(水)17時まで

11月12日(木) 12時まで

11月18日(水) 12時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

楽しみなオランダ戦、そして上昇傾向のエスパ、夏は終わりSBSdsc03563.JPGdsc03566.JPGdsc03567.JPGdsc05308.JPGdsc05313.JPGdsc05315.JPG

さて、北京五輪(正確には瀋陽)で日本-オランダ戦の後に空港でみかけたU23オランダ代表、大きくて強かった、しかしまだまだ幼さが残る印象でした。既にリバプールのバベルレギュラーでした。このフル代表にどう立ち向かうのか?ダービーでは得点した岡ちゃんも川崎相手には何度もチャンスを生かせませんでした。また10月香港戦@アウスタではエスパ勢も代表に選出されると確信しています。岡崎に加え、岩下、市川、できれば枝村。どうなんでしょう岡田監督、30人の大きな枠に入れてもらえないでしょうか?やはりナビスコで決勝に行くことが大前提でしょうね。

2009/8/25 火曜日

新型インフルエンザ 当院の見解 2

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 18:52:48

新型インフルエンザが流行しています。居以前の見解と大差がありません。よって、過剰反応は意味がないということで、当院では、職員のマスク着用は義務ではありません。もちろん、風邪症状で咳が出る方には着用を求めますが、外部からのウィルスをマスク一枚で完全防御は不可能です。手すり、ドアノブのアルコール消毒、うがい、手洗いは励行中です。そして手洗いがベストであることがわかります。また2-3年以内に必ず、罹患する疾患でしょう。

dsc05361.JPGdsc05363.JPGdsc05364.JPG

サッカー関係者には申し訳なかったのですが、いくら廣井がいるとはいえ、J2ベルディーの試合は・・・・ということで、今年最初で最後の野球観戦。わがライオンズ、日本チャンピオンでした。それにても球場が変わりました。

dsc05365.JPGdsc05369.JPGdsc05375.JPG

2009/8/24 月曜日

ダービー

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:04:39

年々存在価値がうすれる感のあるSBS杯、U18には既にJリーグ出場の宇佐美(G大阪)原口(浦和)は免責です。そしてエスパの星アトム、唯一のゴールを奪ってくれました。フランス代表には第二のジダンがいるのか?興味深いです。ゴン中山がこの大会に出場したのは22年!前。尊敬に値します。

atomu.JPGhurannsu.JPGoo.JPG

そしてダービー 2万超えチケット完売です。

caeaui.JPGyyeic.JPGyuya.JPG

途中で花火も上がり、ジュビロに余裕の勝利、ともに肩を組んで戦おうは昨年ジュビロ降格争いのキャッチフレーズです。揶揄するのは・・・健太の勝ちロコ参加といい、こう日は許されるでしょう。次回はタイトル奪取の日です。このチームは一段と成長しています。その証に是非、欲しいものです。タイトルとACL参加権。

.JPGdsc05355.JPGdsc05358.JPGdsc05351.JPGdsc05352.JPG odh.JPG

2009/8/17 月曜日

NPBとJL

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 17:54:10

清水草サッカー大会は松井大輔、磐田のイ・グノをはじめ数々のJリーガーが参加したようですが、宿泊や大会運営などサッカーの街の清水の面目躍如といったところでしょう。そんなサッカー少年、少女達も多数かけつけたアウスタ@日本平は2万を超え、超満員でした。10年前は新潟はJ2ですからありえないカードだったと思うと灌漑深いです。そして日本代表岡崎の先制ゴール、しかも新潟ジウトン退場で普通なら1-0ないし3-0で勝利するはずが、リシャルデスのFKで追いつかれ、なおかつ枝村退場と荒れた試合は1-1ドローでした。中越地震を乗り越えたアルビレックスは新潟の象徴として観客動員もすごいものです。昨年の大分を彷彿させます(カップ戦は予選敗退ですが)。ACL出場権を争うライバルですね。

dsc05299.JPGdsc05288.JPGdsc05302.JPG

お盆もプロ野球を実施ですが、どうも生観戦する気になれません。単に所沢は遠いという面もありますが、何か中央で試合を実施して地方はテレビ観戦すべしという思惑が見え隠れします。もちろん北海道や福岡のチームは地域貢献してますが。

考えるに西武ライオンズの試合は京都の祇園祭、青森のねぶた、徳島の阿波踊りのように全国規模の祭りです。対する清水エスパルスは本当に近所の名もなき(失礼、氏神様の名前がわからないだけ)神社の花火大会のようなもので、生活に密着しているわけです。札幌、仙台、東京、横浜、所沢、千葉、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡と11の大都市は娯楽もいっぱいあるのでしょう。新潟と清水は今後も地方のお祭りとして年に2回顔合わせしていくものです。テレビ中継も全国で2%でも静岡と新潟では20%近くいくのではないでしょうか? それでいいのです。

この暑い中、東京ドームでデーゲームで読売-ヤクルトは驚きです。これもテレビ中継のわがままなんでしょうね、きっと。

2009/8/11 火曜日

静岡地震

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 17:33:36

今朝は驚きました。

きょう午前5時7分ごろ、静岡県の焼津市や御前崎市などで震度6弱の強い地震が発生しました。この地震で浜岡原発の4号機と5号機が自動停止し、東名高速道路の一部が崩落。一部地域で停電や断水などの被害が発生しました。気象庁は、地震直後の記者会見で「この地震は想定されている東海地震ではない」と発表。同時に、東海地震との関連性を調査する目的で、東海地震情報の体系が新しくなった2004年以来初となる「東海地震観測情報」を発表しました。東海地震に関連する情報には3段階あり、危険度が低い情報から順に「東海地震観測情報」→「東海地震注意情報」→「東海地震予知情報」となっています。今回、2段階目に進むかどうか注目されましたが、気象庁は、午前11時の記者会見で、「今回の地震は東海地震に結びつくものではない」と発表しました。

とは言うものの、地震は怖いですね。富士山爆発も信憑性があります。そう、日本はイタリア同様、地震列島なのです。西伊豆地震は確か、土曜の昼下がり、風船が動かない不思議な大気の中で経験しました。その前後はよく揺れたものです。そして1995年まさかの神戸大震災、あの時も1月の連休明けも大阪に宿泊して京都へ行く予定でした、スポーツ整形の講義と試験の後でした。結局、インフルエンザ様症状のために早々に関西を後にして新幹線に乗り込み、翌朝、静岡で揺れを経験しました。あのホテルにいたら生きた心地はしなかったでしょう。30階、ちなみに最上階のスィートには来日中のビリー・ジョエルがいたことを後に知りました。神戸チャリティーコンサートを追加公演しましたが、その後ほとんど来日公演しなくなりました。よっぽどニューヨーカーにとっては怖い経験だったのでしょう。さて、振り返って地震王国の静岡の対策はどうなっているのか?陸の孤島になる可能性大の西伊豆のシミュレーションを紹介します。

yaa.JPG21312acea.JPGyae.JPG

「日本DMAT隊員養成研修受講生マニュアル」
DMATとはDisaster Medical Assistant Team の略です。

1995年阪神淡路大震災では、意識清明であった被災者が救出とともに急変、心停止したクラッシュ症候群例、手足を挟んだ重量物を除去できず現場での切断もできず迫り来る火の手に巻き込まれた例、ヘリ搬送も行われず命を落とした例も多かったのです。
この反省から平成16年、石原慎太郎都知事により東京DMATが創設され、続いて翌年、厚労省により日本DMATが創られました。
東京DMATは国の指示は受けないそうです。
新潟の地震では迅速に各県のDMATが多数参集しました。
DMATが具体的にどのような活動をするのか、我々も災害時にはDMAT隊員とコラボすることになりますので、彼らの活動を知っておくべきと思いました。
以下、要約します。

東海大地震が発生した場合、静岡県内の各病院はほぼ無力化します。
伊豆半島では、北から御殿場の駒門第4戦車大隊、南から青森の弘前
第9師団が南伊豆の海岸(弓ヶ浜)に上陸して住民の救援に来て下さる
ことになっています。
県内の重症患者、すなわち、胸腹部外傷、頭部外傷、クラッシュ症候群、
広範囲熱傷(ただしburn indexが20から50まで)の4外傷はまず県内の広域搬送拠点へ小型ヘリ、救急車などで搬送されます。
静岡県内の拠点は3か所あり、東部は愛鷹広域公園、中部は静岡空港、西部は浜松北基地です。
ここから、大型ヘリ(CH47)や、固定翼機(C-1)で全国へ分散搬送
されます。搬送先も決まっており、
・愛鷹広域公園からは大型ヘリで立川駐屯地(東京)、入間基地(埼玉)へ。静岡空港からは固定翼機で羽田、下総航空基地(千葉)、入間(埼玉)へ。浜松基地からは固定翼機で伊丹、神戸、関空、福岡の各空港へ搬送。愛知県は名古屋空港(小松基地)から固定翼機で神戸、広島西空港へ。

DMATは次の5つの場合に、待機モードに入ります。
・東京23区で震度5強以上の地震、
・その他地域で震度6弱以上の地震、
・津波警報発令(大津波)、
・東海地震注意情報発令、
・大規模航空機墜落事故

東海大地震などで広域搬送が必要となった時は、DMAT隊員は、千歳空港、仙台空港(夜間は松島空港)、羽田空港、伊丹空港、福岡空港の5つの空港に参集し、静岡県内の広域搬送拠点に送られ、ここでSCU
(stroke care unitでなくstaging care unit)を設営します。これはテント3張り、各テント4床、計12床です。一つのSCU当たり管理部門6名、搬送部門45名、治療部門25名、計76名が当たります。

重症患者であっても次の3つの場合は、生存の可能性が低い為、
広域搬送は行いません。

・高度頭部外傷(GCS<9かつ両側瞳孔散大)
・高度呼吸障害(FiO2 1.0でSO2<95%)
・広範囲熱傷でBurn Index(3度熱傷面積+2度熱傷面積×1/2)が50以上

NEJM、March 9.2006にトルコのイスタンブール大学教授の「災害後挫滅症候群のマネジメント」の総説がありました(TFC:080519005)が、この総説で強調されていたのは、挫滅症候群は時間が経てば経つほど搬送が困難になるので、できるだけ早く後方病院へ送れということです。挫滅症候群の透析には大量の水が必要であり被災地では十分な水を確保できないからです。また搬送する際はケイエキサレートの経口、注腸を行い、高Kによる死亡を防ぎます。

災害時医療対応の原則はCSCATTTと覚えます

まず指揮系統を確立(command and control)しないと右往左往する
ばかりです。Safetyを確認し、情報伝達(communication)を行います。
災害時に伝えるべき情報内容はMETHANEと覚えます。
すなわち、 My call sign(発信者)、Major incident(災害の内容)、Exact
location
(場所)、Type of Incident(事故の種類)、Hazard(障害)
Access(到達経路)、Number of casualties(負傷者数)、
Emergency services(警察、消防、救急隊)です。

CSCATTTのAはassessment(評価)、そして行うべきは3つのT、
すなわちTriage、Treatment、Transportです。

現場救護所のレイアウトは災害現場の近くにトリアージポストを設け、
治療エリア(赤と黄を入れる)と、その外に緑患者、その外に黒患者
(死者)とします。治療エリアの外に搬送待機エリアを設けここに救急車が一方通行で進入します。1本道を往復しないように注意します。
重症患者の受け入れ病院は分散搬送し1か所集中を避けます。

航空機では体腔内のガスは膨張するので気胸はドレナージを、
イレウスは胃管、イレウス管をいれておきます。
輸液バッグのエアーも膨張しないように抜いておきます。
カフ内圧にも注意し可能なら生食や蒸留水で置き換えます(難しい)。

クラッシュ症候群は知覚運動麻痺があるため脊損と間違います。
鑑別は肛門反射の有無で見ます。治療は生食、乳酸リンゲルの急速輸液を行い、高Kに対してはメイロン、カルチコール、心室細動に対しては
除細動です。

受傷者が瓦礫の下にいる場合の治療は特殊で、CSM(confined space medicine:瓦礫の下の医療)というのだそうです。
瓦礫の下への侵入は原則1名、処置が必要な時のみ2名、それ以上は
無駄です。

患者に接触したら、自己紹介をし相手の氏名、性、年齢、訴えを聞き、
手を握って診察し静脈路確保して大量輸液を開始します。
鎮痛はモルヒネ、麻酔はケタミンを使用します。
瓦礫の下にいるとコンクリートで体温を奪われほとんどの患者は低体温
になっているのだそうです。ですから隙間に毛布を押しこみ、瓦礫の
上からは保温シートをかけます。

阪神大震災の反省から、日本人はここまで対策を練り上げてきたのか
と感動しました。日本人ってすごい!

西伊豆医療関係者(頭脳明晰、診断能力抜群)の文を引用しました。2009年8月11日 静岡地震の教訓が今後の東海沖地震にいかされますように。

2009/8/3 月曜日

8月 診療時間変更 お盆休み

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:32:48

あっという間に8月です。北京五輪もはるか昔の印象ですが、昨年だったんですね。

マヤ文明に新たな隣接文明、発見 黄金のシカンです。興味をそそります。

そしてレッズに2連勝。何とかタイトル奪取に近づいて欲しい、健太エスパルス、本当に有終の美を飾ることになるのか?続投はないのか?ロンドン五輪監督のほうがかなりハードな仕事かと思うのですが・・・・・反町の負の遺産。

 dsc05244.JPGdsc05246.JPGdsc05252.JPG

8月以降の診療時間変更日のお知らせです。

8月10日(月)17時まで
8月11日(火)17時まで
8月12日(水)17時まで

8月13日(木)〜8月15日(土)お盆休み

8月17日(月)17時まで

8月26日(水)12時まで

9月2日(水)12時まで
9月17日(木)12時まで
9月30日(水)17時まで

10月3日(土) 11時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

次のページ »

HTML convert time: 0.121 sec. Powered by WordPress ME