2009/3/30 月曜日

埼スタ 桜咲く

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 14:46:44

.JPGyyeyeye1992.JPGyyeic.JPGydhyay.JPGaeuiy.JPGua.JPG

結果的には日本1-0バーレンで、また一歩南アフリカに近づきました。暫定1位です。このA組ではウズベキスタンが3位に入ってきそうです。熾烈なのはB組、北朝鮮の善戦で大変なことになってます。北朝鮮、韓国がワンツーフィニッシュならイランかサウジが第5アジア決定戦に回るのです。どうなることやら・・・・・確実に次節のアウェー・ウズベキスタンの地で勝ち点を奪取できますように。岡田監督、因縁の地ですね。

 ioa.JPGoea.JPGaocoaiuthyyi.JPG

追加)サッカー協会がらみで応援に来ていた知り合いはかなりいい席で観戦中でした。ウォーリーを探せ状態ですが、しっかりわかりましたよ。MVPの中村俊輔のFKはさすがでした。WBC決勝のイチローのセンター前ヒットを彷彿させます。イチロー同様、俊輔がこのチームのリーダーである証ですが、サッカーは来年本番です。ポスト・俊輔も探せ状態です。そして紅白の東京タワー、日本の躍進を象徴してくれてますが、WBC優勝時のみならず代表の勝利の際はぜひ、行って欲しいものです。

2009/3/24 火曜日

さらば、ブルートレイン

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 18:44:47

先日3.14ダイヤ改正に伴い、寝台特急富士・はやぶさの廃止が決定され、ラストランが行われました。東京−大分・西鹿児島を結ぶ寝台特急は風情があり、富士川大橋を渡る雄志は絵になります。またナインゲージの列車マニアにとっては最上級の車両でしょう。新幹線が飛行機のように味気なくなる中、昭和レトロを彷彿させる貴重な資産でした。九州に出かける際には寝台特急は重宝したものです。アウェー大分戦でも使いたかったが・・・・・

dsc04600.JPGdsc04601.JPGdsc04603.JPG

蒲原を通過するブルートレインに羨望のまなざしを向けたものです。当時、一緒に野球をして遊んだ友人はその後プロ野球の選手になり後輩にはNYでラッパーになった彼、クボタも線路に耳を当てて余韻を楽しんだかもしれませんが、危ないのでやめましょう。しかしいい音でした。プロ野球選手はすっかり札幌を拠点とし、ラッパークボタはNY在住ですが、近親者はどうもウチの近くにいるらしいので、近々お会いするかもしれません。

まさか大リーグ、ドジャースの本拠地LAで日本野球が2連覇できるとは思いもよりませんでしたが、素直にうれしいですね。WBC。もし往年の金田、張本、長嶋、王、野村らが出場していたのなら韓国、台湾(中国?)、日本に分かれて出場したのでしょうか?日本プロ野球にも多数の韓国代表がいることを知り、あらためて驚きます。サッカー化がすすんでます。しかし、どうもプレシーズンマッチの様相なのは合点がいきません。きっと年末にはワールドシリーズ優勝(今年はいよいよヤンキースか?)チームの話題でもちきりで春先のJapanの優勝はアメリカメディアからは無視されるのでしょうね。ここが真のワールド・カップと異なる残念なところです。

どうして3年のインターバルなのか?日本のドラゴンズのように選手拠出拒否を認める大会の権威は本当に高いのか?結果論だが、韓国と5回も戦うとはどういうレギュレーションなのか? アメリカはどうしたのか?

最も、サッカーの母国、イングランドもW杯は自国開催の優勝の1回のみで、王国ブラジルにもそしてカルチョの国のイタリアにも叶わない、ということで米国もそうなるかもしれません。イングランド・プレミアには世界中から代表クラスがぞろぞろとチームの骨格を成すように、MLBも中米を筆頭に有能なタレントが続々と入団しています。最高のリーグが最強国とは限らないと・・・・・。

2009/3/10 火曜日

J開幕

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:18:04

ついに2009シーズン開幕しました。J1J2とも18チーム。入れ替え戦なしです。富山、岡山、栃木は初Jです。そしてよもやの勝利のJ1山形は後進の励みになるでしょう。

dsc04582.JPGdsc04588.JPGdsc04585.JPGdsc04589.JPGdsc04587.JPGdsc04577.JPG

大宮でのオレンジダービーはまたしても0−0、スコアレスドローでした。しかし、内容の濃いゼロで、大宮のポテンシャルの高さを見せつけられました。なかなか張外龍監督やりますね。ストイックな姿勢の現役時代を知る者としては、彼の成功も願いますが、果たして期待通りになるか?2010大宮ACL出場、2012ロンドン五輪監督代表監督、2014ブラジルW杯韓国フル代表が将来像らしい。

思えば浜松リボンで一緒に汗を流した頃、あの偉大なマラドーナの弟とPJMフューチャーズでチャンさんはコーチ兼任プレーヤーだったわけで、そのチームメイトに金メダリストがいたのが、大いに刺激になったのではと推察します。2008北京五輪サッカー・アルゼンチン代表監督・バチスタです。この長身ボランチが着々と指導者として地位を固めているのも興味深いです。

さて、ここまで膨張するJリーグも少しずつ特徴が出てきました。各都道府県を代表する吸引力のあるチーム=大分、新潟、(札幌、仙台も)。これは観客動員が大きく県民の期待も大です。一方、田舎にありながら全国をあいてにする、もしくはしてきたチーム=鹿島、磐田ある意味清水もそうでしょう。ビッククラブ?=浦和、横浜FM(スタジアムだけでかくても)にG大阪。大宮は関西圏の京都、神戸と同様に首都圏の衛星都市チーム=千葉、柏、川崎F、東京の二チームも。ロンドンにプレミアのチームが集中している像にも似てきました。あとはチームのポリシーや観客動員に代表される地元密着度が、差異を分けるでしょう。10年前、等々力の川崎−清水は観衆6000程度でした。今やホームでは2万強動員し、アジア相手に戦っています。大宮もこの道をいくのか?はたまた川崎が味わったJ2とのエレベーターチームになるのか?チャンさんの手腕が問われます。9月、アウスタ@日本平での清水−大宮戦までにどんな軌跡をたどるのか?

追加)栄枯盛衰タイプのクラブ=東京ヴェルディー1969、あのJ創世記に緑の旗を振っていた人々はどこへ行ったのでしょう。清水エスパルスがシルバーコレクターと呼ばれた時期に、常に壁になったチームです。確かに川崎・等々力を本拠地にしていましたが、前身の読売クラブが東京都リーグから這い上がった背景を考えると当初かた東京Vでよかったのでは?そして、今 代表選手は皆無でJ2降格と・・・・・

まさかジュビロ磐田はそうならないと願いたいですが(どうも10年以上後援会会員になったままらしい。今年も磐田主催のダービーでは先行予約の恩恵を授かりたいと思います)

さらに、この試合で1993年Jリーグ発足以来、唯一J1開幕でゴールを挙げていた清水エスパルスの連続得点試合が16年でストップです。そもそもJ1の舞台で連続している6チームの中に居るのも光栄ですが、残念ですが来季からまた続けましょう。そして1994アメリカW杯〜2006ドイツW杯まで必ずエスパ所属戦士が出場しています。ロナウダン(ブラジル)、輝、斎藤、森岡、戸田、市川、アレックス、チョ・ジェジン2010年も続行してもらいましょう。岡崎以外も是非!

今年は最終節がホーム、そしてその前節が日産スタジアムのアウェー。1999年にそんなシチュエーションがありました。そう、その年Jで最も輝いていたサッカーを実践し、勝ち点を最も稼いだぺりマン率いる清水エスパルス!夢をもう一度!

2009/3/7 土曜日

WBC

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 22:07:24

二次リーグ進出決定、おめでとうございます。韓国相手にコールドゲームとは恐れ入りました。しかし、客観的に見て、このレギュレーションっていいの?と思います。わずか2試合で次のステージ進出?

現在2010南アフリカW杯 アジア最終予選の最中ですが、足かけ2年です。W杯に間はおおかたの国では自国リーグを開催しません。

例えば 中国・北京でアウェーで3連戦、その後日本・東京で3連戦で勝ち点式にしないと実力の差はみられないでしょう。

サッカーに置いては最高の舞台はW杯です。しかしナショナルチームのレベルの差を考えると欧州選手権のもしくは、南米選手権のほうが上です。成熟度では欧州チャンピオンズリーグのクラブチャンピオンがもっとも強いでしょう。 きっとベースボールでも真の世界一はMLBのワールドシリーズのチャンピオンでしょう。 

ところで、大会でボールの大きさが変わるってどうよ?サッカーボールはW杯を契機にモデルチェンジしますが、大きさが違うとは、ましてやリーグで変わるというのは聞いたことがないですが・・・・

ヤマハ・スタジアム 磐田2-6山形。 ウソでしょう?かなり危ないとは聞いてましたが、まさかJ2昇格も1年で逆戻り候補のモンテディオにホームで大敗とは!ジュビロの心配もしてられないエスパです。昨シーズンはあの大分をホームに迎え、1-2で敗退しています。その後の苦難の道を暗示しているような開幕戦でした。Forza Jubilo今年は入れ替え戦ないぞ!清水もまずは負けないアウェーでいて欲しいものです。も勿論、ホームでは勝利を! ことほど左様にホーム・アドバンテージは重要視されるのです。このままでいいのか?WBCのレギュレーション。

2009/3/6 金曜日

J開幕前夜

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:27:15

いよいよ2009Jリーグ開幕です。今年の清水エスパルスは連動性があり、昨シーズンの轍を踏まないということでタイトルに近いと思います。できれば悲願のリーグタイトル奪取して欲しいものです。鹿島、川崎、名古屋、G大阪あたりが有力ですが、これらはアジアでACLも戦い疲労するでうするでしょう。浦和は大きくチームが変わりそうなので、春先は勝てそうです。夏以降は上昇するのか?内紛が起きるのか?そしてナビスコのリベンジ、大分はぜひともホームもアウェーも叩かなくてはいけません。昨年も一歩間違えると残留争いでした。柏、千葉、横浜FM、大宮、新潟そして磐田あたりといい勝負しているようではお話にならないでしょう。J2から昇格の広島はかなり手ごわいと見ました。この監督はオシム監督に通じる哲学を持っています。山形、残念ながらアウェーでは行けませんが、鶴岡のジャイアンツ命の元同僚もサポートしているモンティデオあってほしものです。あれ?改名してませんね。行きたかった!

dsc04394.JPGdsc04403.JPGdsc04390.JPG

今年は数多く「勝利の旗」を歌えますように!そしてフル代表に岡崎以外にも多数選ばれますように。2010年の南アフリカで 淳吾、青山の雄姿をみたいものです。

2009/3/1 日曜日

3月診療時間変更 鹿 

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 22:15:58

3月以降の診療時間変更日のお知らせです。

3月4日(水)12時まで
3月12日(木)17時まで
3月25日(水)12時まで

4月1日(水)12時まで
4月14日(火)17時まで
4月15日(水)12時まで

急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。

医療センター0545-51-0099

アントラーズの本拠地、鹿島でサッカードクターセミナーに出席しました。次週はもう、ここで鹿島−浦和の開幕戦が行われます。この地を訪れるのも15年ぶり?でしょうか?鹿島臨海工業地帯は相変わらずですがサッカー・パークの街になりつつある印象です。しかし土地が未開のままで本当にスタジアムに人が来るのか心配になるホームタウンです。

cae.JPGoaa.JPGyycyoy.JPG肝心の講義内容は脳振トウ、内科スポーツ喘息そしてジョーンズこっせつです。診療に反映しますね。今回Very  Smooth For Conversation

aethy.JPGyydhyey.JPGcoaae.JPGで、何故か県立イバラギカシマスタジアム、しかもピッチに立つという栄誉を受けましたが、最近のトレーニング不足は大きく・・・・

yyeyoyiyy.JPGycyaye.JPGiyyyeyoye.JPG当然、クラブハウス練習場は外せないということで、かつて黒崎選手をみかけた4面もある練習場はそのままに、しかしクラブハウス内にグッズ販売、チケット販売していてお客さんが練習オフにも関わらず、来てました。昨日Xerox スーパーカップ 鹿嶋3-0G大阪で勝利した翌日の影響もあるのでしょう。清水エスパルスもできれば、もう一面ピッチとビーチ(近くにありますが三保の松原)そして観客のためのレストラン、チケットグッズ売り場があればと思います。前回は早稲田の有望新人、相馬(清水東)が入団したルーキーイヤーでした。そして今は内田篤人(清水東)・・・・・・。このチームの上に行かなくてはタイトル奪取は不可です。なんとなくここ、鹿島でも勝利しそうな気が、今シーズンはします。 それにしても街は静かで関東によくある風景ですが、今のところJ最強クラブであることは間違いありません。

次のページ »

HTML convert time: 0.113 sec. Powered by WordPress ME