2008/8/26 火曜日

五輪球技 競技場

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 13:22:27

おしなべて、女子は好成績、男子は沈没の球技でした。野球はメダルなし、ソフトボール金、なでしこ4位、反町ジャパンは予選リーグ3連敗です。ここにきて星野ジャパンが1回も国際試合やっていなかったことが取りざたされています。国際親善試合を全くやっていないことを初めて知って驚いています。普通準備としてやるでしょう。やっても反町ジャパンのような結果かもしれませんが、最善の準備をするのが常套です。さらに追い打ちをかけるようにWBC監督も星野氏とか?はたしてW杯アジア最終予選に反町監督にゆだねたりするだろうか?結果を出した監督が有能であるという、はっきりした結論がスポーツにはあります。天津と藩陽のスタジアム(どちらも立派)の写真を

dsc03318.JPGdsc03321.JPG

dsc03537.JPGdsc03538.JPGdsc03544.JPGdsc03551.JPGdsc03552.JPG

2008/8/25 月曜日

ロンドンへ SBSカップ

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 20:02:53

早くも北京五輪からロンドン五輪へ盛り上がりをみせています。閉会式でのベッカム効果は絶大です。ジミーページの演奏も驚きでしたが、中国の人民も知っているサッカーの母国の英雄は親善大使としてうってつけです。そして五輪サッカーはアルゼンチン連覇で終わりました。ナイジェリアも検討し、アフリカ勢強の印象です。ドゥンガのブラジルはまたしても金メダル奪取なく、不思議なものです。日本で調整したアルゼンチン代表、メッシにアレグロと額面通りの働きでしたが、私はバティスタ監督がなじみ深いです。PJMフーチャーズ(現サガン鳥栖)の主力選手にして、1986メキシコW杯優勝メンバーのマラドーナ一派のボランチです。静岡の浜松の佐鳴湖湖畔で練習したいのです。Jリーガーではない点が、驚きでしょう。

さて、その下の年代、すなわちロンドン大会に出場する選手たちが静岡に集い、夏の風物詩SBSカップ開催中です。U19日本代表(今秋アジア予選)静岡ユースそしてアルゼンチン、オーストラリアです。オーストラリアは同じアジアのライバルとして、今後も対戦するでしょう。そして7番ロドリーゲスと9番ネイラが目立ったアルゼンチンは五輪3連覇を目指します。

dsc03582.JPGdsc03583.JPGdsc03584.JPGdsc03586.JPGdsc03590.JPGdsc03593.JPGdsc03598.JPGdsc03601.JPG日本代表は鹿児島城西の大迫がエースです。彼が決めないと厳しいでしょう。鹿島アントラーズ内定ということでさらなる飛躍が期待できます。DFリーダの薗田(常葉橘-フロンターレ川崎)が負傷退場したのは心配です。本当はエスパルスに欲しい逸材です。このチームのキャプテンとして統率していくことでしょう。New Wave 到来を予感します。それにしても1977年に始まったこの大会の存在意義は大きいです。ミニワールドカップが日本へやってきた感じです。OBには日本代表は勿論、すでに指導者の健太、反町などから現役の小野など才能をみせています。ブラジルのカフー、ロナウジーニョ、オランダのクライファーとにフランスのアネルカなどビックネームが10代後半に、ここ静岡でプレーを披露したのです。第2のロナウジーニョがきっといるのでしょう。

2008/8/24 日曜日

驚きの中国事情

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 23:30:52

混乱の北京五輪閉幕です。漢字で表現すると「矛盾」でしょうか?国威発揚は仕方がないにしても、過度な日本敵視、そしてスポーツ・アスリートをリスペクトしない姿勢は気持ちのいいものではありません。

北京から離れた瀋陽で散策して、日常の東北地方(旧満州)を感じました。dsc03353.JPG当然、国土は広いが中国元は通用します。1元=約17円。日本円、クレジットカード、トラベラーズチェックなどは使いにくい使いにくい。言葉が通じないと本当に困るものです。百貨店内には英語を話せる店員もしますが、もしかして「公安」?の疑念がぬぐえません。そして当院のホームページも試しにアクセスしたところdsc03356.JPG漢字変換されています。ってことは検閲されているのでしょうね、ただしこの三日市ニュースはスルーでした。dsc03365.JPG公園内には胡弓を弾く年配の方がで趣がありますが、dsc03367.JPG子供の砂場にはまさかのドラえもんです。著作権はないのでしょう。

dsc03369.JPG街に出ると、歩道の優先権は乗用車!にあります。いきなり後方からクラクションを鳴らされます。次にバイク、自転車で歩道は歩行者が安全に歩ける場所ではないのです。だいたいタクシー待ちも店前の駐車場も歩道にあるというのはどうよ!と言いたいところです。油断していると店舗から「痰」が飛んできます。かつて小平の痰つぼが有名でしたが、危うく足にかけられそうでした。主は20代女性で、座位からダイビングヘッドの要領で歩道の立ち木に向けて発してます。そこだけ変色していました。dsc03380.JPG一応五輪ムードありますが、確かImpossible Is Nothingかと思いましたが、dsc03388.JPGブランド名も見たくないようなAnything Is Possibleって!なんですか?しかしスポーツ公園にはしっかりスポンサーがついています。dsc03393.JPG日本でもネーミングライツなど盛んですが、地方自治体の公園管理にもこれは使えるでしょう。dsc03401.JPG幼稚園は賑々しく、dsc03402.JPG食はそれなりに美味ししかもdsc03403.JPG安い!同じ鳥の空揚げでも地元品は3羽で10元に対しKFC(スターバックス、マックと並んでいることが多い)は1羽30元で、保護貿易が露骨です・dsc03406.JPGそうはいっても公園内にはカードゲーム、マージャン、囲碁のようなものに興じる人々に飲料水はコーラ、スプライトです。甘い緑茶には閉口しますが、そもそもお茶を冷やす習慣がなっかただけに、冷えるだけでもましかもしれません。数年前までは冷えたビールは冷蔵代が上乗せされていたらしいですから。dsc03407.JPGdsc03413.JPG勇んで切符を購入した劇場はこれまたコミュニケーション不足で京劇を期待したのに、最初と最後だけ中国舞踊が見られた以外は2時間、二人漫才を見てしまいました。抗日運動をテーマのものが過去にあったのはビックリでした。漫才の合間にバク転た中国雑技団のような技をみれたのがせめてもの救いでしょうか?なにやら雑然とした街という印象ですが、細かいことにこだわらない大陸的なところは実感しました。次は大連実徳や藩陽のチームを清水エスパルスが戦う試合でおとずれたいものです。 心の準備をしてから乗り込まないと非常に気を遣う街です。

PS) タクシーは助手席に乗らされますが、気を抜けません。映画「タクシー」を地で行く荒っぽさです。最後はクラクションを思いっきり鳴らしながらホテル前の歩道を突っ走って正面、歩道しかも信号待ちの人垣の中に停車です。

2008/8/22 金曜日

瀋陽

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 14:47:22

北京五輪だったのですが、日本-オランダ戦(もう敗退決定後)は東北地方の満州族の都で試合が行われました。日本でもおなじみの旧満州国、大連実徳(ACLやA3でもおなじみのCリーグの強豪)はこの藩陽から3時間電車にのらなくてはいけない、港町大連にあります。 何か郷愁を誘うこの街は 父親が満州生まれのせいかもしれません。なかにし礼の「赤い月」に出てくるよな劇的な引き上げではなく祖父は技術者として満州鉄道設立にどうも関わっていたようです。藩陽駅は東京駅の丸の内煉瓦駅舎を模したのは有名です。そして朝鮮族も多く住むこの地では、北朝鮮の雰囲気も味わえます。実際に国境まで行くツアーもありましたが、それは遠慮して朝鮮族の食べる食材を経験しました・・・・・日本人も猪食べますし・・・・・dsc03329.JPGdsc03335.JPGdsc03341.JPGdsc03343.JPGdsc03348.JPGdsc03349.JPG

2008/8/21 木曜日

故宮

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 0:11:09

北京五輪も終盤にさしかかりますが、サッカー日本代表には暗雲が立ち込めるような内容だっただけに、ショックは大きいものです。で、北京はあくまでも観光旅行ということで。

dsc03211.JPGdsc03214.JPG有名な天安門広場にも表れた五輪モニュメントと中国国家博物館です。世界一の広場のかなたには毛沢東主席の肖像画みえます。これは写真ではなく、肖像画です。しかも毎年、書き換えられているのです。

dsc03223.JPGdsc03228.JPG さて毛主席の肖像画の真ん中の通路は皇帝専用通路ですが、中に入ると労働人民文化宮になり天安門のつぎに端門そして南の牛門には龍の橋がかかっています。dsc03238.JPGdsc03252.JPGdsc03274.JPG中心の大和門に大和殿と明と清の王朝の真髄の場と移ります。映画「西太閤」や「ラストエンペラー」の溥儀の登場が思い出されます。ちなみに獅子が門を守りますが、右手が雄、左手が雌です、ご存じだったでしょうか?近くの神社のものも同じでした。雄は球体=地球を押さえ、雌は若獅子(子供)を押さえています。どこか見慣れた風景です。

dsc03277.JPGdsc03303.JPG乾清門から神武門が北に位置し故宮はお堀に囲まれているのです。 1421年~1911年に実際に皇帝が居住していたことを考えると巨大です。できれば万里の長城も見たかった!

2008/8/20 水曜日

北京五輪U23サッカー応援ツアー

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:58:59

2008.8.8に開幕した、中国の威信にかけた北京五輪観戦ツアーの感想です。通常五輪サッカーは開催都市以外で予選を行うために五輪の都市に行けないのが習わしです。今回も天津(北京から新幹線開通で35分)、瀋陽(旧満州の東北地方、飛行機で北京から1時間余り)で試合があるためにあきらめていましたが、直前になって北京市内のホテルの空室が目立ち北京へ上海経由で向かうことができました。少し五輪に触れることができたわけです。北京空港は新旧2か所の国際空港を持ち、上海も巨大な空港でしたが、徐々に利用者が増大しているのがよくわかります。しかし中国東方航空は乗り心地、サービスともどもまだまだです。dsc03194.JPGdsc03197.JPGいきなり上海では、猛暑の中タラップから外でバス待ちの洗礼に合いました。

北京は予想どおりの曇り空、交通量が少ないのは五輪特別期間だからでしょう。ようやく開通した地下鉄もマナーがなっていないようで(中部の都市の地下鉄でも降りる客をかき分けて乗り込む輩に閉口しましたが)、当分は車社会でしょう。テレビのイメージの自転車はほとんど見かけません!。

宿泊ホテル近くのホテル・ニューオータニ北京内に設置されたジャパン・ハウスで日本選手の活躍をモニターで応援しました。柔ちゃんの銅メダルを知ったのもここです。dsc03205.JPG それにしても日本にいたほうが他競技の映像がみれるものです。現地では鳥の巣をはじめ北京市内五輪施設にはまったく行けませんでした。dsc03206.JPG本当に共産圏?と思う程、商業化された夜の建国門内大街。

2008/8/16 土曜日

北京五輪U23

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 13:09:49

応援の甲斐もなく・・・・dsc03222.JPG この北京の天気と同じく曇ったままでした。 他の競技を見れないのがこのサッカー五輪の泣き所です。

2008/8/8 金曜日

スーパー・イーグルス

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:43:32

開幕前に終わったか感のあるサッカー五輪代表です。日本0-1米国は非常に厳しい結果でした。天津で、一般観客を味方につければ勝利も可能と思っていただけに現地の雰囲気が知りたいものです。これで勝ち点3米国に同1点のオランダ、そして次節のナイジェリアが続きます。ナイジェリアも勝利が必要なだけに攻め合うことが予想されますが、反町監督はメンバー構成をどうするつもりか? GKを海人に変えるのも手だと思うのですが。

これで決勝トーナメント進出が非常に危うくなってきました。なんか、06ドイツW杯の予選リーグを彷彿させます。どうか藩陽のオランダ戦が消化試合にならないように天津では「熱烈応援歓迎」 でいきましょう。

それにしてもウッチーこと内田アツト(清水東-鹿島)は、いいクロスを上げますね。アントラーズに彼がいなかったおかげてエスパルスはナビスコ4強入りしたような面もありますが、ナイジェリア相手にも鼠のようにすばしっこい動きで攪乱してくれるでしょう。しかしドフリーシュートをはずしたら勝てません。サッカーの神様に微笑んでもらうためには、きっちりとしたサッカーをしなくては! そして東アジア特有の湿度の高い夏を味方につけなければ!1位ナイジェリア2位オランダの下馬評も混とんとしてきました。まだまだ2位通過の可能性が残っています。がんばれ反町ジャパン。

2008/8/6 水曜日

Go For Beijin

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 23:08:07

いよいよ北京五輪開幕ですが、共産圏で開催はモスクワ以来ですか・・・・いま一つ楽しめないのは明らかな情報操作があるせいでしょう。この目で確かめたい衝動にかられます。こういったイベントでもない限りなかなか仕事では行かない国、中国。しかし餃子に限らず食生活をはじめ、100円ショップなどMade In Chinaの品物は日本中に広まっています。相手を知ることは重要ですね。で、母校には

dsc03191.JPGdsc03188.JPGdsc03189.JPG清水東サッカー部出身者が2名、参戦します。清商OBの江尻コーチもいます。そして清水エスパルス3銃士の山本海人、本田拓也、岡崎慎二 選手たちには日本のために奮闘してもらいましょう。特にホンタクには期待しています。法大3年の時から注目していましたが、次期日本代表ボランチ候補です。かつてアントラーズの元日本代表本田泰人の上をいく逸材と評価しています。もちろんレプリカユニは 「16番」 です。なんでも揃いのユニフォームでの観戦に規制をかけようとしているようですが、北京のオリンピックとはいえU23のFIFAの大会でもあるのです。規制は無理と思います。没収なんてことはありえないはずですが・・・・・

さて、留守番組はシナリオ通りアウェー0-0を受けてホームで鹿島を2-1で撃沈し、ベスト4進出です。強いていえばロスタイムに西澤→大前元紀

dsc03193.JPG なぜ、このカードを切らなかったのでしょう?これで4強は前回覇者のG大阪、リーグも好調も名古屋、そして驚きの大分です。希望としては清水はG大阪を撃沈して 大分と国立で決勝戦を戦って欲しいものです。次節リーグ戦はアウェーの地大分です。天津(もしくは藩陽)で吉報を待っています。夏に強いエスパルス。ナビスコの快進撃をリーグ戦にも反映し、五輪戦士もいい結果を残して合流しタイトに戦ってもらいたいものです。

大前元紀見たかった・・・・・ 早稲田の4年生FWも是非、獲得して今シーズンのように得点力不足にならないように。

次のページ »

HTML convert time: 0.127 sec. Powered by WordPress ME