2008/7/18 金曜日

手腕

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 8:56:01

監督業というのは、経営者に似ていると痛感します。例えば、人事です。人数が少なければ補充しますが、やはり有能な人材が求められ、トップの意向を現場で反映しなくてはいけません。もっともトップが無能なら現場は混乱するだけですが。

五輪に最多の3人送るエスパは川崎唯一の選出者、谷口の引き立て役になってしまいました。振り返れば降格ラインです。いくらナビスコ杯ベスト8進出してもJ2落ちではしゃれになりません。巻き返しにカンフル剤が必要です。外部招聘が困難なら、内部からとなります。「一年目からしっかり戦いです」の言、忘れていません、高校3大会得点王の前代未聞の肩書きを引っ提げて入団した大前元紀をスーパーサブに、そして名門サントスのエース・ストライカーだったマルコス・アウレリオにスタメンを! もう半分の折り返しです。近県のアウェーといえど、相手はホームでは年々強くなっています。川崎がホームで強いのも必然です。dsc03148.JPGdsc03127.JPG後半は倍返しのつもりで「しっかり戦って」いただきましょう。

次のページ »

HTML convert time: 0.122 sec. Powered by WordPress ME