2007/6/26 火曜日

赤い戦慄

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 23:02:18

iayyayay2.JPGeci.JPG

試合前から気合の入る赤サポ。スタジアムの1/3を占めた浦和サポーターに日本平は声でジャックされました。試合も0-1で敗れ残念な結果となりました。しかし2万を越える観客がこのサッカー専用スタジアムで目撃した試合は海外の試合と比べても遜色ない内容でした。まあ試合前に横断幕の件でひと悶着あったようですが、ユベントスやリバプールのことを持ち出すまでもなく、サポーターが多いとクラブは収益が上がる反面、その暴走により被害を蒙るのです。実際どんな制裁が出されるか不明ですが、サポーター同士がやりあってもいいことは何もありません。戦うのは選手のみです。そしてFair Play Please 。

まあこの日本平赤化にフロントも危機感を持って、どの試合でもオレンジサポで埋まるように頑張って営業してもらいましょう。一見すると埼スタか駒場かと間違えます。JAしみずの広告がココが静岡市であることを証明してくれています。その横によく存じ上げる名前が。ココに出しましたか・・・・・

2007/6/21 木曜日

惜別と意見

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 19:17:45

清水エスパルスMF太田圭輔選手は出場機会を求め、ライバル柏レイソルへ期限付移籍しました。ユース時代も含め10年清水在籍した小柄な彼は、途中J2甲府へレンタルされそのままかと思われたが、指揮官の意向でJ1清水へ復帰する稀有なケースとなった。エコパでの静岡ダービーでのスライディングシュートなど印象に残る。また前線からのチェイスは献身的であった。残念ながら今の健太エスパルスでの位置づけは高いとはいえず、なぜ使わないか不思議だったが同タイプの岡崎、原といった代表経験者に比べ物足りなかったのだろう。

再び清水へ第1FWとなって復帰することを祈ろう。そして愛すべきまじめな性格を反映してかアウェーの横断幕にも22番が!本人は既に柏へ行ったのにも関わらず。

aeeiaaaa.JPG

さて、磐田では例の事件の選手の謝罪文が郵送されてきました。各年代の代表を務めフル代表のボランチにもなるような活躍だっただけに残念です。彼には何度も裏切られた気分です。 ジュニアからユースを選ばずに部活(清商)はいいでしょう。しかしレベルの高いチームでやりたいという意向で勝手に磐田、つまり清水を反故にしています。4年目に中田ヒデのように海外移籍すればまだ、救われるものの未だに国内組。そしてこの事件。仲のよいエスパの杉山浩太への影響、出身高校清商へのパッシングなど心配されますが、ジュビロ磐田の管理体制の甘さに尽きます。   非常に残念です、清水二中のOBとしても。しかも彼と田中誠はジュビロ選手というのも・・・・・・。確か現役時代の健太選手は二中の近くに住んでいたはず。

 さて、神戸での講演会で感銘した宇沢東大名誉教授の言葉を掲載します「経済に医を合わせるのではなく、医に経済をあわせる」 含蓄のあるお言葉です。もちろんサッチャー英国の医療レベルなど各国の医療経済を勘案しての経済学者の見地からのお話です。今の政府に聞く耳をもっている人材が居るかどうか不明ですが!

2007/6/7 木曜日

6月以降診療時間変更と北京ー清水

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 14:51:07

6月以降の時間変更です。木曜日は原則受付5時まで診療5時15分終了です。

6月13日(水)12時まで
6月20日(水)12時まで

6月25日(月)−26日(火)休診(院内メンテナンス)
6月27日(水)12時まで

7月4日(水)12時まで
7月12日(木)12時まで
7月18日(水)12時まで
7月26日(木)12時まで7月31日(火)12時まで

8月1日(水)12時まで
8月10日(金)17時30分まで
8月13日(月)〜16日(木) お盆休み
8月22日(水)12時まで
8月29日(水)12時まで
急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。医療センター0545-51-0099。

dsc01698.JPGdsc01692.JPG神戸の本拠地です。

バックスタンドも屋根に覆われて素晴らしい環境ですが、1万人を割る観衆はいただけません。同じ神戸スカイマーク球場でオリックス−阪神が行われたのはお気の毒ですが。

さて、日本3−1マレーシアで首位通過で北京五輪最終予選へ向かいます。次は1位しか許されません。中東勢、オーストラリア、韓国の動向が気になります。あまり収穫のない昨日の試合でしたが、この世代に山本海人(GK)岡崎(FW)枝村(MF)杉山浩太(MF清水のキムタク)らヤングエスパルスが占めているのは気持ちいいものです。率いるのは清水長谷川健太監督の2年先輩反町(清水東)そして、オシムサッカーの具現者江尻コーチは真田清水ユースGKコーチの盟友です(清商)。清水度がかつてない高さで、興味津々ですが何とか予選突破をして北京へ行って貰いましょう。顔の見える日本人が海外では求められています。

2007/6/1 金曜日

いいのかこれで?

Filed under: 未分類 — mikkaichi @ 20:14:05

とんと御無沙汰のプロ野球観戦ですが、サッカーの聖地近くであった試合を覗いてみました。予想されたこととはいえ、実際に見ると驚きを越えてがっかりしてしまします。チームのバッファロー、スワローズはいいでしょう。しかし3番、4番そしてピッチャーまでがカタカナ表記です。もはやプロ野球では中心選手は外人でその出来で優劣が決まってしまうのでしょうか?日本代表が組織されるとはいえ、五輪だけが目標の弊害が見えます。日本人の一流は大リーグ流出し、残念ながらdsc01732.JPG3Aクラスが日本ではエースであり4番を務めることになるとは。できれば若手を育てて欲しいものです。

次のページ »

HTML convert time: 0.113 sec. Powered by WordPress ME