2006/12/20 水曜日

決戦

Filed under: 日々雑感 — test @ 14:36:31
    これは縮小画像ですクリックして O氏の回顧より本選挙のくだりです。

    ヨー ロッパの理事は演説と質疑応答の内容で問うと伝えてきたのでん最善の準備をした。アジアでのポリオ根絶やSARS対策などを自身の役割を伝えることが出来 た。演説では候補者の中でWHOについて一番長い経験を有し、ヴィジョン、過去の実績について具体的に述べ、無事に終了した。この時点で日本代表団も強く 勝利を確信した。

    本選挙第1回投票は、1位中国10票、2位日本9票、3位メキシコ6票、4位スペイン5票、5位クウェート4票で、5 位がはずれた。中近東票のクウェートは日本へ流れるものと思われたが、メキシコへ流れた。中国11票メキシコ10票日本9票のままで、想定外のことが起き た。実は、中近東はアメリカとつながり、メキシコを支持するシナリオがあったのだ。
    それでもスペインのヨーロッパ票4が日本へ来ると踏んでいた。日本と中国の選択を考えれば当然の期待だった。
    そして運命の第3回投票でよもやのスペイン4票が中国に廻る事態で雌雄を喫した。3位となり脱落した。

    武見厚生労働副大臣、浅野外務副大臣ら日本代表団の残念会となってしまった。

    結局中国の Dr. Margaret Chan女史がWHO本部事務局長になった次第である。

    私 の感想=すさまじい選挙をO氏は立派に戦いぬいたが、最後は中国の政治力にしてやられた感が強い。FIFA02W杯誘致で瀬戸際で韓国との共催を選択した 事件が思い浮かんだ。長沼健日本サッカー協会会長の世界行脚の旅もそうだったが、O氏の行動力たるやすごいものがあると感心した。一度、大学の特別講演を 拝聴したが、こういった人が「世界人」なのだろう。次を狙うか、日本の保健行政のトップを目指すのかわからないが、今後も世界の衛生保健のために尽力して いただきたい。

    もう一度、講義を受けたいDrである。 終わり
    (来年自己分析に触れます。世界の中の日本が垣間見えます)

2006/12/19 火曜日

グローバルキャンペーン

Filed under: 日々雑感 — test @ 14:35:31
    これは縮小画像ですクリックして 出陣後、すぐに支持要請のために全世界34の執行理事国への歴訪が始まった。アフリカの票が重要と読んだので、グローバルキャンペーンはアフリカ大陸から 始まった。ギャンビアで気温40度トイレも満足にないところへ数分時間をもらうために丸2日過ごした。南米ボリビアの首都ラパス(ブラジル迎撃で有名な高 地)4200mには日本大使館の方が酸素ボンベを用意して出迎えてくれた。中近東アフガニスタンに於いては防弾チョッキ着用してキャンペーンとなった。イ ラク入国は叶わず、隣国ヨルダンで保健大臣と会見した。ワシントンではアメリカ合衆国保健省長官、国務省幹部と面会し,いい感触だった。そして17年間共 に働いたアジア諸国を最後に訪問して5ヶ月のキャンペーンは終了した。
    7月25日パリで中国政府がDr.Margaret Chanを正式に擁立したことを知った。やはり中国は私の今までの中国への貢献よりは、日中両国の困難な政治、外交的関係のほうが重要であったことを痛感させられた。

    そして11月選挙へと突入する。

    ア フリカを中心に発展途上国に対し影響力を強めている中国を最大のライバルと考えていたが、僅差の勝利を読んでいた。シンガポールをはじめアジアの大多数は 日本支持を早期表明してくれたこと,中近東も公式に日本支持いたこと、ヨーロッパも中国と日本ではいくつかは日本支持に回りそうなこと、南米も支持表明し てくれる国があいいたことなど。アフリカから1票も取れなくても僅少差で勝てると踏んでいた。アメリカは当初からメキシコに投票すると分かっていた。
    こうして11人の候補から予備選が始まる。
    中国1位、日本2位、メキシコ3位、スペイン4位、クウェート5位で予備選はおわり5人から選ばれることが決まった・・・・・続く。

    >なんとも生臭い選挙の内側ですが、ここを勝たなくてはいけない国際社会をしっかり認識しなければいけません。写真は本文に関係なくバルサを破ったインテル表彰式です。なんかビッククラブに勝つ勇気を貰えます!!!!

2006/12/18 月曜日

祝新人王

Filed under: サッカー — test @ 14:32:59
    これは縮小画像ですクリックして 清水の藤本ジュンゴがJリーグ新人王です。内田(清水東−鹿島)を振り切って獲得です。功労賞を受賞した沢登氏の10番を受け継いだ彼にふさわしい賞です。来季はMVPと優勝のタイトル、そしてフル代表デビューを期待しましょう。さて、当院もバックアップしていた先輩O氏からWHO議長選挙の顛末が送られてきました。差しさわりのない範囲で紹介します。これは、国際社会での日本のポジションを知ることができる機会です。スポーツでは直接対決で倒せばいいのですが・・・・

    >WHO 事務機局長選挙へ急遽立候補となった。Lee氏の急逝に伴うもので2009.5.22のことである。WHO西太平洋地域事務局長(SARS,鳥インフルエ ンザで大活躍=幼馴染のMは部下)をあと2年勤めて日本へマニラから帰国しようと思っていたが、「ここはやるしかないな」と覚悟した。安部官房長官の定例 記者会見で日本政府の立候補擁立が公式発表された。中国の動向も情報として入ってきたが、国連の安全保障理事会常任理事国は伝統的にWHOなど国連の専門 機関の長を狙わないという不文律があることを、当局に切り出したが、中国側の反応は「友好」という政治課題が保健衛生問題と同様に重要という認識を示し懸 念が解消されないまま選挙戦が始まった。<

    これは2002W杯誘致に日本の立候補を受けて韓国があとから立つのに非常に似ていると思いました。
    「日本には負けるな」そんな隣国感情でしょうか。
    続く・・・・・

    写真はクラブW杯準優勝のロナウジーニョFKの瞬間です。あと5cm内側なら。

2006/12/12 火曜日

Filed under: 未分類 — test @ 14:14:59

ノロ・ウィルス、鳥インフルエンザ感染症の季節です。うがい、手洗い励行しましょう。

最近は父親の世代の方と接触したり、お話を伺う機会が多くあります。既に父は他界しておりますが、彼の学生時代の話は新鮮で知らない面を教えていただきありがたいと思います。
多分、脳生理学の先生(次郎長の末裔)は父と同級生です。早生まれですが、大連からの引き上げで高校はひとつ下の学年だそうですから。

しかしこの70歳代以降の日本を戦前~戦後リードされた方々の訃報を耳にすると時代の移ろいを感じます。私の幼少時、昭和40年代はまさに激動の日本でした。高度成長=長島の巨人V9という、多様化した現在では考えられない一元の価値観の時代でした。問題の「いじめ」も存在しましたが、まだ街の機能が残っておりいさめる大人が教師以外にいました。
小学校を4回転向した身にしてみれば、異質に思われる転入生は格好の標的です。

首謀者は後に仲良くなりましたが、いわゆるガキ大将は陰湿ではありません。プロ野球選手になったり、サッカーで大成したり、お菓子の巨匠になっています。

人生は楽しいです。どうか、大人になった自分をイメージして今できることをやりましょう。

最近、脳生理の先生の影響で禅に興味持ってます。気功を習ったり、かつて習得した合気道を見つめなおしております。精神の世界は奥が深いのですが、日本が世界で一番この世界に傾倒し進んでいます。

もう少し、日本人であることを楽しみましょう。

2006/12/4 月曜日

藤枝レッズ?

Filed under: サッカー — test @ 16:26:40
    これは縮小画像ですクリックして 先の表記で誤解がないように訂正します。

    決して藤枝東ならびに藤枝の街が浦和レッズの下部組織だと言っておりません。藤枝は伝統のあるサッカーの街である意味、清水が手本にした街です。今でこそ国立で行われる天皇杯もこの藤枝東校庭で行われたことも重々承知しております。

    ですから「藤枝レッズ」ではなく
    紫の藤色の街なのです。

    今は、浦和の赤星、磐田の大井、成岡など数多くのチームに藤枝出身者が活躍しています。

    そして何年か後に「藤枝FC」が、Jリーグ参戦することも期待しております。

    監督 ゴン中山

    山田キャプテン、長谷部、成岡、大井、赤星ら豪華なメンバーが集められます

    PS)カレンダーについてお問い合わせ
    あくまでも患者様、特にサッカー少年、少女相手ですが、それ以外の方でも個人情報に関する承諾をいただければ差し上げます。当院受付もしくわリハビリ室でお尋ね下さい。サッカーにこれから興味をもってくれそうな方は大歓迎します。当院の患者に限りませんので。

2006/12/3 日曜日

浦和、横浜

Filed under: サッカー — test @ 15:20:52


    これは縮小画像ですクリックして 長いシーズンは終わりJ1は浦和レッズに初桂冠となりました。
    サッカー御三家とは?
    広島、藤枝そして浦和でした。おそらく北京五輪監督反町もそうですが、私も浦和の隣町で育ったのでそのサッカーへの情熱を肌で感じました。

    藤枝はその後、清水に覇権を譲りますが、街に行けばここがサッカーどころと感じます。藤枝東の魂は山田、長谷部などを通じレッズに注入されています。清水で育った平川、小野、鈴木啓太そしてアレックスもレッズに味付けしたいます。
    浦和はそれらを取り込み巨大化していったのです。来季は多くの代表選手を抱え、アジアでも戦います。選手の競争も厳しいでしょう。1000人単位のサポーターを連れて中国、韓国そして中近東で戦いアジアの覇権を狙いそのタイトルの価値を高めてくれる事でしょう。
    と、レッズ賛辞はここまでにして清水にも希望が出てきました。今のサッカーは「王道」です。磐田を上回り、来季埼玉スタジアムでレッズに黒星をつける一番手になることでしょう。

    川崎Fの2位、来季アジアCL挑戦は驚きでした。頑張ってもらいたいところですが、そうは甘くありません。一気に下降する恐れありと察します。

    J2 からは横浜FC昇格。これは心からおめでとうと言いたいです。Jリーグ開幕戦、前身の横浜フリューゲスと三ツ沢で我がエスパルスは戦い、99正月フリュー ゲルス最後の戦いを国立でエスパは戦いました。前年の97年、清水滅亡の危機を経験した我々には非常につらい別れでした。天皇杯準優勝のエスパはその後、 アジア・カップウィナーズ・カップの出場権をタナボタ式に手に入れてアジアの頂点に立てました。
    その後不死鳥のようによみがえった横浜が真の市民球団としてJ1に登場するのは望外の喜びです。

    来季のJリーグ、チーム数もさらに増え、各地でおらが街のチームに熱をいれるサポーターが増えるでしょう。

    PS)当院では清水エスパルス公式カレンダーに医院ロゴをいれました。希望の方は医院のリハビリ室で配布します。条件はエスパルスに愛を持てる方(^0^)です。個人情報の取り扱いは十分に気を使います。当院と清水エスパルス以外で使用することはありませんので。

2006/12/1 金曜日

総括

Filed under: サッカー, 診療 — test @ 15:15:47
    これは縮小画像ですクリックして 12月以降の時間変更です。12月7日(木)17時30分まで
    12月8日(金)17時30分まで
    12月14日(木)12時まで
    12月21日(木)17時30分まで
    12月27日(水)12時まで
    12月28日〜1月4日年末年始休業2007年
    1月5日(金)17時30分まで
    1月11日(木)17時30分まで
    1月17日(水)12時まで
    1月18日(木)17時30分まで
    1月25日(木)17時30分まで
    1月31日(水)12時まで

    2月1日(木)17時30分まで
    2月8日(木)17時30分まで
    2月14日(水)12時まで
    2月15日(木)17時30分まで
    2月22日(木)17時30分まで
    2月28日(水)12時まで

    急患の場合富士市医療センター(19時より)にお尋ねください。医療センター0545-51-0099。

    写真は今年のエスパルスの象徴、第2のシュンスケ?ノボリ?とも評価される藤本ジュンゴです。彼の左足はいずれチームをそして日本代表を救うことでしょう。
    しかし一言、彼に注文があります。
    筑波大学・・・・・、本人に一度会ってみたいものです。

    師走で忙しい日々でしょうが、交通事故には気をつけましょう。

次のページ »

HTML convert time: 0.119 sec. Powered by WordPress ME