2006/6/30 金曜日

Filed under: サッカー — test @ 13:52:45
    これは縮小画像ですクリックして W杯視察終了しました。ドイツのシステムなど詳細は後日アップします。

    まずは我が代表。

    日 本1-4ブラジルでした。ブラジルの一位通過が決定しているためか、何故か《ぬるい》雰囲気のドルトムントでした。66000人がサポートしているという よりも11人のブラジル代表と尊敬する「プレーヤー」ジーコを見にきているようでした。ロベルト・カルロスに至っては、先発をはずれ横になって試合をみて いるではないですか!!!
    なめられたものです。

    明らかにブラジルの調整試合、ロナウドの得点のお膳立てをしてるような雰囲気です。
    ロナウジーニョの調子が悪いのは大いに気になりますが・・・・・

    私は余りにもふがいない「代表」が腹立たしくて1-4とロナウドが人間爆撃機ゲルト・ミューラー(西ドイツ)の大会通算14点に並んだのを見届けて席を立ちました。帰り道にブラジル・サポーターに揶揄されるのも悔しいですし。

    ですから中田ヒデがピッチで大の字になって倒れていたのを知りません。本当の悔し涙だったのでしょう。彼のW杯ラスト・マッチになってしまったのか???

2006/6/23 金曜日

Filed under: サッカー — test @ 13:52:01

6月23日の集合場所は、「フランクフルト中央駅 11番線プラットフォームの入口」とします。

 6月21日は13:30集合。6月23日は12:00集合

訂正が入りました。6.23は9:00!だそうです。
起きれるのか?おそらくドルトムントからフランクフルト着が6:00.
寝れませんが・・・・

2006/6/21 水曜日

Filed under: 日々雑感 — test @ 13:50:28

http://www.virginatlantic.co.jp/index.php

Heathrow airport ;15:30〜17:55 BD1755~2025
http://www.virgin-atlantic.com/en/gb/whatsonboard/clubhouses/lhrclubhouse.jsp
return ; 10:40〜13:00 VS1300~900

correct
http://www.hotel-am-berg-ffm.de/
Hotel am Berg
Hotel garni
Grethenweg 23
D- 60598 Frankfurt am Main
Tel (+49 [0]69) 660 537-0
地下鉄Lokalbanhof下車
from Japan 49-69-6606370

Freund Haus
Pension GEO YES CITY
Heisterstrasse 28
60594 Frankfurt−Sacchsenhausen

www.pension-goyes.com
フランクフルト中央駅から地下鉄Furankfurt-Sud方面、Lokalbanhof下車、Siemensstrasse出口 階段をあがり左へ Teichstrasseの通りを突き当たり左折。Heisterstrasse 28.

http://www.s-kyoku.com/servlet/member?ref=B5B03CB0B79B3499B639

http://s-pulse.moe-nifty.com/

http://www.s-pulse.co.jp/

http://www2.wbs.ne.jp/~s-pulse/

http://home.att.ne.jp/blue/supportista/

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/index.html

This message and any attachment hereto may contain information that is
privileged, confidential or otherwise protected from disclosure. If you
are not the intended recipient, please notify the sender by return
e-mail and destroy this message, along with any attachment. You are
hereby formally advised that any unauthorized disclosure, copying or
distribution of this material, or the taking of any action in relation
to the contents is strictly prohibited. Thank you for your cooperation.

mikkaichi orthopaedic clinic
Director

2006/6/20 火曜日

目撃者

Filed under: サッカー — test @ 13:49:30

96年アトランタ五輪の熱いマイアミの夜、川口のファインセーブでスーパー・スター予備軍団U23ブラジル代表を1-0で撃破、伊東輝。
98年消化試合となった、日本1-2ジャマイカ。3連敗、すなわち勝ち点0の中、フランスで唯一のゴール=ゴンゴール、中山雅史。
そしてがけっぷちの日本。対するは監督の母国。
誰がキーマンか?
日本で一番サッカーのうまい奴。   小野伸二でしょう。

果たして二度あることは三度あるか?
現場では必ず日本代表のゴールを目撃している、そんな運に恵れたサポーターが集結すれば
「成せば成る」

さ て、前回以上のベスト8に進出して欲しいのは次の世代へのバトンタッチのためです。ひっそりとタイ・オーストラリア遠征のU19日本代表は来年のユースW 杯でかなり期待できます。真希、武田に加えユースの長澤君、佐野君と清水の中でも宝庫の世代で組織されています。アルゼンチンをみるまでもなく彼らが8年 後、偉業を達成するためにも今の現日本代表に世界のベスト8に入ってもらうのです。

そもそもジーコを監督に据えたのはそれがノルマだからだったでしょう。

2006/6/19 月曜日

日本0-0クロアチア

Filed under: サッカー — test @ 13:45:36

ヨシカツ、ナイスキーパーと言う声が日本中、ドイツ現地でこだましたような気がします。
98年のリベンジまではいきませんが、最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残しました(安堵、無駄にならずにすんだ)

アジアのライバル、イランは沈みましたが、韓国はフランスと1-1のドローでベスト16進出に大きく前進しています。負けるなニッポン、大声でサポートしますよ。

2006/6/17 土曜日

メッシ

Filed under: サッカー — test @ 13:44:55

アルゼンチン6-0セルビア・モンテネグロで
残り15分にすべての観衆の注目を浴びて、18歳のメッシが登場しました。1アシスト1ゴール。これから5大会?出場可能なアルゼンチンの新エースです。世界のアイドル、マラドーナ氏が見守る中「さすが」のプレーを披露しました。
1986 年メキシコで輝いた氏の真の後継者なのか?既に18歳にして欧州CLのチャンピオンチーム・バルサにいる彼はどんな経歴を積んでいくのか?メッシから目が 離せません。リアルタイムでスーパー・スターの成長を目撃できる喜び、W杯が国際見本市といわれる所以です。ちなみにエトー、ロナウジーニョと同様にバル サ特別待遇契約ですからメッシの移籍金は125億以上になります。
05オランダW杯組ということで平山、カレンロバートらと同世代なんですね。日本にも伍する人材が潜在していないかな?
あのメッシのデビューが06.6.16と後世に語り継がれる試合でした(要ビデオ確認ですよ)。
マラドーナの20年の呪縛からアルゼンチンが解放されるかもしれません。ならば決勝はオランダーアルゼンチン 再戦か?
前哨戦の6.21まさにフランクフルトのヴァルト・シュダディオンを通過・・・・・・マイン川のパブリック・ビューイングは盛り上がっているでしょうね、残念!(独り言です)

2006/6/14 水曜日

エース

Filed under: サッカー — test @ 13:43:49

清水エスパルス唯一のW杯出場選手ジェジンがなんと先発出場です。監督の信任に応え十分にポストに徹していました。後半元清水のアン・ジョンファンとの2トップは韓国の新旧スター競演で魅惑の攻撃リズムをかもし出していました。
二人の清水へのお土産は大きいでしょう。彼らをマジカでみていたボール・ボーイ達も次々回のブラジル大会には出場するかもしれません。

韓国2-1トーゴ アジア勢初勝利おめでとう。フランス、スイスと強豪相手にゴールを決めろ、清水のエース=チョ・ジェジン

得点したらまた、価値が上がるのはサポーターとしては喜ばしいことですよ。

2006/6/13 火曜日

アイドル

Filed under: サッカー — test @ 13:41:04

日本1-3豪州。
残り10分で立て続けに3失点してしまいました。
あの暑さでは足が止まると思われていましたが、どうしてどうして。2大会連続ベスト4の知将ヒディングの策なのか?日本の自滅なのか?果たしてヒデの言う様に2点目を取りにいく試合だったのか? 負けは負けです。
どこか、見覚えのあるゲーム展開でした。

昨年のエスパ! もう免疫が出来てしまいましたが、G大阪や浦和のサポには理解できないでしょう。「弱いチームは1-0が怖い」
のです。守りきれません。1-0のメンタリティーは今回の大会でもイングランドやオランダが見せ付けています。

残り15分、変則4バックのためにアレックス→中田コ、前線からの守備のために柳沢→大黒だったのでは?豪州の3トップで前がかりになるのをいなすのが、経験国の業なのですが・・・・・

前回の欧州でのW杯の戦いが脳裏を掠めます。クロアチア戦は監督の進退をかけた試合になります。もしかして選手を総とっかえしてしまうかも?

このチームは4年間のもしかしたら98年大会からの8年〜10年の集大成のチームです。勝たなければいけないのです。メッシ、レノンといった10代の選手がいません。若手でシドニー組(茂庭、駒野の25歳)ですからほとんど円熟しています。だからこそ悔しいのです。

イラン、サウジ、日本、韓国で勝ち点を最低1獲得してどこかが決勝トーナメントへ行かないと次回大会は「アジア枠3」でしょう。ここに豪州も加わるのです。

一 方、アイドル・ジーコのためにブラジルが一肌脱いでくれるかもしれません。第1戦のクロアチア戦からフル・スロットルで圧勝するのです。豪州も蹴散らし2 試合で勝ち点6、得失点差6を持ってくれるかもしれません。日本は早くも追い込まれました。そしてブラジルもそうなるとプランが崩れ決勝トーナメント1回 戦で宿敵イタリアに・・・・

歴史は繰り返す、W杯のリベンジはw杯で。どう展開するのか?どうするジーコ?

PS)清水エスパサポーター、応援ですよ!チョ・ジェジン先発!国家斉唱でトラブルがあるようですが、
あ!ジュビロ磐田のキム・ジュングも出ている。
ようやく我々のW杯になってきましたよ。

2006/6/11 日曜日

若手

Filed under: サッカー — test @ 13:39:43

国試合格の皆さん、おめでとうございます。そして一日でも早く戦力になってください。
さて、アルゼンチン対コートジボワールの解説が山本さん?確か6.8のナビスコ敗退で監督解任されたばかりでは?
大会前から解説の仕事は入っていたのでしょうが、しばらく勉強するのでしょうか?どうでもいいですが、次期監督が「ドゥンガ」ってなことがないように・・・・・
ではそろそろW杯モードに(ちなみに久しぶりの静岡繁華街で収穫は選手カードをゲットしたことですね、これはフランクフルトでは重宝するでしょう。誰か?我が母校の後輩にして宿敵の青い鳥チームに入団、あのマラドーナのチームそして今や、ブンデスリーガー)。
彼には思い入れもないのですが、同窓会では常にモノを提供する律儀な点は評価しています。
三羽烏は???  ないです。山西なんかはいろいろ東奔西走してくれますが。

使えるドイツ語講座(誰かもう一度講義を!)
Wir wohnen in Japan.
Ich trinke nichit.
Mein Name ist TOSHI.
Ich wollte, ich ware reichi.
Mein Mannschaft ist SHIMIZU FC S-pulse
http://www.s-pulse.co.jp/

2006/6/7 水曜日

本気のジーコ

Filed under: サッカー — test @ 13:38:31

エスパ・サポとしてトンと盛り上がらないW杯ですが、いろいろなドラマが生まれそうでそのうちに目が離せなくなるでしょう。
世界のお祭り、総人口60億の約半数がライブで決勝戦を見るイベントは他にはないでしょう。
どんなドラマが予想されるか?
1)ドイツの雪辱:ゲルマン魂は86メキシコでの屈辱を90イタリアでアルゼンチンというよりもマラドーナ相手にはたしております。
2)新生国家:セルビア・モンテネグロはこの大会後は別になります。旧ユーゴで有望なクロアチア、本家ロシアを差し置いて旧ソ連のウクライナ。内戦が途絶えないアフリカ諸国の中でも一番悲惨なアンゴラ(UNHCRを通じてバックアップしてます)
クロアチア以外は健闘して決勝トーナメントへ進み世界にその存在をアピールして欲しいものです。あ、中米のトリニダード・トバゴも
3)74西ドイツW杯ではトータルフットボールのオランダが優勝国よりも絶賛されました。そんな国はやはり元祖オレンジのオランダか?

オーソドックスにいけばドイツ−ブラジルの決勝でドイツのリベンジでしょう。
しかし両国が決勝へ駒を進めない場合、オランダーイングランドの対戦を望みます。スコアーも3-2ぐらいで。
4)我が日本、98の雪辱、クロアチアに勝てるか?
今回も午後3時キックオフということでJリーグで鍛えたデーゲーム感で走り回ってほしいものです。

雑感)初めてライブでW杯をみたのは82スペインでした。当時入り浸っていた《だてさん》の部屋。
先輩や同級生が春休み(大学生は再試がなければ長い)や夏休みに欧州1ヶ月パスで出掛けるのを尻目に米国に目を向けていたことを後悔します。
現在のユーロを電車で廻ればよかった!特にフランクフルト。全然土地勘がありませんから。

イタリアのユニフォーム「アズーリ」がかっこよかった。西武ライオンズ、我が母校が同じ青の旋風をおこしていました。印象深いですね、ハット・トリックのロッシ!
86 メキシコで録画のためにビデオデッキ購入しました。勿論マラドーナです。後にそのアルゼンチン優勝メンバーが日本の浜松にやってきたのには吃驚です。ラス トパスのエンリケ、そしてリネカー(イングランド=得点王)を封じたバチスタです。所属はPJMフューチャーズでした。そして90イタリアからは参戦を虎 視眈々と狙い・・・・
現地で見るようになったのは日本代表と同じです。代表が出ない大会は傍観者でしかありませんから。
そういえばコンサドーレ札幌には今をときめくロナウジーニョの実兄ジレス?がいました。
ということは鹿島にジーコが呼ぶブラジルのセレソンは・・・W杯後大物がJリーグに登場ですか。9.16国立の清水ー鹿島はみものですね。

そして今。青いサムライを率いるのが82で華麗な技を見せていたブラジルの至宝ジーコ。
勝つしかないでしょう。指揮官の運がありますように。

次のページ »

HTML convert time: 0.125 sec. Powered by WordPress ME