2002/7/30 火曜日

登300試合勝利飾れず

Filed under: サッカー, 日々雑感 — test @ 12:24:33

先日は結構近隣の方がスタジアムへ行ったいたようです。富士校はサッカー部でツアーでも組んだのでしょうか?

そ の清水ー東京1969で沢登選手が前人未到の300試合を達成しました。初期は今の年間30試合よりも多かった事,タレントのある選手は海外移籍 (NAKATA)してしまうことを差し引いてもこれだけトップでいられるのは無事これ名馬でしょうね。但し,彼の足関節は削られまくって酷いようです。ア ルディレス元監督のアドバイスを聞いていなかったらとうの昔に引退していたでしょう。花火はその演出だったのでしょうか(写真)
といった花火に目が行ってしまう程ひどい内容で負けました。両翼のW杯出場組はあきらかに疲労して切れがありません。これならばナビスコ杯のメンバーで行っておくのがベターでしょう。

この日程をうらんでも仕方ありません。これに備えてキャンプし,補強するのが監督やフロントの仕事です。所属クラブで機能しないような選手は代表選手であってもはずすして当然でしょう。

これは監督批判ではなく,サポーターも含めたクラブへの苦言です。ブーイングだけでなく,使って欲しい選手(私は太田)を連呼したりしてアピールして抗議しなくては!。行かないのではなく,生観戦してそのできの悪さを目で見て行動を起こすべきでしょう。
W杯燃え尽き症候群があるようですが、4人取られたエスパルスは早く手を打たないと重大局面を間もなく迎えます=2部降格(涙)

2002/7/27 土曜日

真のサポーター

Filed under: サッカー — test @ 12:23:06

先の静岡ダービーで非常に残念な事が起きました。
ピッチ上の選手に観客席から物が投げ込まれたのです。
カズ曰く「ブラジルではコーナキックを蹴る時にアウェーではコーラのビンなどいっぱい降ってきたよ。アウェーの洗礼だな」、また解説の岡田元日本代表監督曰く「イタリアではこれではすみませんよ」
では、そういったスタジアムはどうなったか?危なくて女性子供は行けなくなるし、だいたいそのサポーターの行為で制裁を受けるのは当該クラブチームなのです。ホームでやるのも駄目ですが、アウェーでやった行為は責められて当然でしょう。
次回ジュビロスタジアムへのエスパサポーターの入場禁止なんてことにもなりかねません。そしてサポーターの暴動を抑えられず、クラブが下部へ落とされる例は世界にゴマンとあるのです。
写真でわかるように清水の日本平スタジアムもピッチと観客席が非常に近いです。ここに堀や金網はあってはならないのです。
清水エスパルスの毅然とした態度とサポーターの自省が必要な事件です。

追加)プレスリリースが出ていました。当然の措置ですが、チームへの制裁金もあるのでしょうね(柏エジウソンの悪夢がよぎります=今年復帰!しかも監督がペリマンというのは‥‥因果)
株)エスパルスでは昨日開催されたアウェイゲーム(7/24Jリーグ1st
ステージ第10節ジュビロ磐田vs清水エスパルス@磐田スタジアム)におい
て、持ち込み禁止物である缶を持ち込みフィールドに投げ入れる行為を
行った清水エスパルスのサポーター1名に対して、下記の通りホームゲー
ム5試合及びその間に開催される全てのJリーグ主催試合への入場禁止
処置を決定しましたので報告いたします。
今回の行為は〇ち込み禁止物である缶を観客席に持ち込んだこと、
缶(内容物が入ったまま)をフィールドに投げ入れたこと、 試合を
中断させたこと、 が禁止されている行為であり極めて危険かつ重大な妨
害行為とみなし、本決定を下したものです。


2002年7月27日から10月5日までに行われる全てのJリーグ主催
試合への入場禁止
清水エスパルスホームゲーム5試合及びその間に開催
される全てのJリーグ主催試合

<清水エスパルス ホームゲーム5試合>
7/27(土)J1リーグ1stステージ第11節vs東京ヴェルディ1969
@日本平スタジアム
8/ 7(水)J1リーグ1stステージ第13節vs柏レイソル
@日本平スタジアム
9/ 7(土)J1リーグ2stステージ第 2節vsジェフユナイテッド市原
@日本平スタジアム
9/18(水)J1リーグ2stステージ第 4節vsジュビロ磐田
@日本平スタジアム
10/5(土)J1リーグ2stステージ第 7節vsコンサドーレ札幌
@日本平スタジアム
※上記5試合及びこの間に開催される全てのJリーグ主催試合への
入場禁止
以 上

彼が、清水のサッカーが大好きで清商も応援しあの藤田、名波のチームも応援していたのなら非常に切ない話です。名波が清水エスパルスへ入団(全くありえない話ではない)したなら真っ先に頭を下げて欲しいものです。
チームもサポーターが恥ずかしい思いをしないように快勝して美しいサッカーを繰り広げる事を願ってやみません。

2002/7/26 金曜日

医療改革

Filed under: 診療, 日々雑感 — test @ 12:21:52

暑いです!

本日は体感温度40度でしょう。

さてイングランドサポが交換してくれたイングランド・ピンバッチ(赤)です。横は清水がロシアキャンプ誘致の賛助金かわりのロシアピンバッチです。
彼 が交換に求めたのは日本代表やウルトラスのものではなくエスパルス・クラブエンブレムピンバッチでした。重宝してください。いつか清水がイングランド遠征 (世界クラブ選手権?)の際にはチェルシー(どうもロンドンの山の手のお坊ちゃまのようでした)ではなく、とうエスパを応援してもらいましょう(^0^)

本題
>これまで政府や有識者は「21世紀は高齢者の時代」と言い続けてきました。高齢者の数が絶対数で増え、比率でみても2025年には27.4%になるという予測です。実際には、出生数が予想よりも少ないためにより高齢化のスピードは速まるでしょう。

その通りです。

> このような高齢者の時代を迎えると、高齢者の定義を変える必要があるのではないかという議論が出てきています。高齢者の定義としては、これまで65歳以上 から75歳未満までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者といっています。75歳になると、さすがに医療、介護を必要とする率は大きくなっています。

現 行の高齢者の医療に関する制度は、70歳以上(寝たきりの場合には65歳以上)からとなっていますが、今後70歳から75歳に段階的に引き上げられること になります。では現在、70歳以上の高齢者の医療負担は、どの程度でしょうか。国民皆保険ですから、70歳以上の方はいずれかの医療保険に加入されていま す。

例えば、国民健康保険に入っている場合には、国民健康保険料の支払い負担があります。国民健康保険の一部自己負担は3割です。この自 己負担部分が、70歳になると、1割負担(上限額あり。診療所での定額負担制あり。)入院した場合でも月額上限額は37200円となっており、それ以上の 負担はありません。ただし、健康保険の範囲内ではない差額ベッド代などは全額自己負担です。

既に所得により負担額はあがります。

> 現行の高齢者医療費の負担は、老人保健制度という名のもと、政府管掌健康保険、健康保険組合や国民健康保険などが7割、国、地方自治体つまり税金で3割の 負担をしています。特に、医療保険の各保険者は、この老人医療費の負担が大きく、運営収支の大きな圧迫要因となっています。実際、高齢者が3割を占める時 代を迎えるにあたっては、現在のシステムでは無理があるでしょう。今回の改正では、今年10月からすべて1割負担に統一され、診療所での定額負担制は廃止 となります。月間の負担上限も外来と入院を一本化し、42000円となるようです。そして、現役世代と同等の年収がある高齢者は医療費の2割を負担し、月 額上限も引き上げになります。

このように、外来診療は大きな影響を受け、特に頻繁に通院していた人などは患者負担が増えそうです。

至極当たり前の意見に批判はしませんが、問題なのはこの改革はこれで終わらない点です。極端なことをいえば、社会保障制度が財政破綻を口実に崩壊すれば、自由診療と包括医療に二分化するのはアメリカの例をみるまでもなくなるのです。
スウェーデンなど北欧の知恵を一部導入して老後の安心感を与えるのが政治を行う者の務めかと思います。
現代の若者の将来の見えない投げやりな態度や戦慄の走る事件を見るたびにその思いは募ります。
サッカーが全てとはいいませんが、このフットボール。カルチャーのあるところにはある意味人生の生きがいや規律があるのです。労働者階級の娯楽だったサッカーは市民を巻き込み地域対抗、国対抗で相手を知る事ができるのです。
平田氏曰く「女性は企業のためには泣かないが、地域のためなら涙する」

2002/7/24 水曜日

暑中見舞い

Filed under: サッカー, 日々雑感 — test @ 12:20:14

暑中見舞いを頂きました

誠にありがとうございます。
他からも陣中見舞いいただき感謝感謝です。
少しでも皆様の治療の役に立てれば幸いです。

http://www2.ynot.co.jp/view/jal/141466557297535347

W杯観戦されたのでしょうか?日本も車椅子席が充実してきましたから安心でしょう。日本平は交通手段が問題ですが‥‥

さ て写真はなつかしいエスパのスパイダーマンことシジマール選手です。ブラジルから元ブラジル代表GKレオン監督(試合にはあまり出ていない。予選ではつい にセレソンを率いた)が日本のGKレベルの低さに連れてきた選手ということになっています。確かにく○みさんの大好きな真田選手は「やっても〜た」が多 くって(汗),草薙での読売のカズへのアシストには開いた口がふさがりませんでした。このシジマールと大阪からやってきた永嶋は二枚目路線でJALのスポ ンサー周りで「清水エスパルスの色男か!この二人はところで何人」とスポンサー様にしては理解度がなかったのは有名な話です(笑)。ちなみに先日のスポン サー・デーの当選者の名前になんと「掛川(森?)のツッチー掘廚量樵阿あるじゃないですか。さすがに札幌往復航空券ではなかったようですが。私はここで 運を使うわけにはいかないのでtotoで使います(強がり)
さて、このシジマールとゴメス、加藤QのDF陣は連続無失点記録を打ち立てた強固な 守備で有名でした。後にブラジル代表ロナウド(サン・パウロFC)も加わりましたがポジショニングの良さとGKの飛び出しはその後のエスパルスの守備陣の 手本となっているでしょう。とにかく安心してみられたDF陣でした。!!!
本日は平日ナイターでしかもアゥエーのジュビロスタジアムで磐田ー清水の静岡県内同士のダービー・マッチです。順位に関係なく好ゲームになる期待がかかります。磐田は2位につけ優勝を狙い、清水は‥‥新戦力でも試してくれるのかな?例えば塩沢達也!
リーグ戦でダービーは最高に燃えます。町を二分するミラノ・ダービーやローマー・ダービーが有名です。お互いに負けたくない最大のライバルなのですね。
これをこの手のスタンダードに合わせて意見すると「ジュビロには絶対負けるな!優勝はマリノスで結構」となるわけですね。
誠に恥ずかしながらジュビ・スタに私の名前があります、「ジュビロを支えるサポーターの皆さん」(笑)引佐の病院からは実はよく行った場所です=YAMAHA東山グランド。何でも大型モニターがついたとか?いいですね、リッチな球団は!

2002/7/23 火曜日

審査=審判

Filed under: サッカー, 日々雑感 — test @ 12:19:14

スポーツにはルールを遵守させる審判が欠かせません。同じように医療の審査=レセプト業務にもそれぞれ,支払い基金や国保連合など保険者の受診に伴う医療費請求を審査する先生(医者)が居るわけです。サッカーもそうでしょうが、審判の中に現役が居るわけです。
昨日「審査で返戻があるが、中には固定観念のとらわれる審査の先生に運悪くあたる人が居る。必ずしも同じ分野の先生がみるわけではない=整形外科を泌尿器科の先生が診る」といった話を耳にしました。
これってW杯の審判問題に似ていませんか?審判もヒトで当たり外れがある、必ずしも高いレベルを裁く人ばかりではない。ゲームもさることながら医療という人間の本質にせまる領域の審査に運不運があっては困りますね。
ま た介護保険の申請意見書の正しい書き方の講習もありました。まあ改めてこの用紙の記入の煩雑さを確認しましたが、「悪い例の書き方をする先生はこのような 講習会に出席する先生の中には居ません。そういう人は講習に出ないのでいつまでたっても悪い例の書き方をするのです」確かにこれは各医者の良心に任せてい る部分がありますが,介護申請する家族としてはたまったモンではありません。もうそういった先生は呼び出して書き直しを命じてもいいのではないでしょう か?私は明日この検討会に行きますが,審査会でみる30枚は多いです!
尚,当院では科の特性上かかりつけ医や指定医にはなりにくいので場合によっ てはお断りしております。昨日は「悪い例を書く先生には辞退してもらいたい」旨の発言がありましたが当院は大賛成です。責任を持てる場合はその限りではあ りません(多分骨折手術後に要介護の例に限られるでしょう)
写真は本文に関係なくプチ・シューとブラジルサポです。

2002/7/22 月曜日

歓迎仙台サポ

Filed under: サッカー, 日々雑感 — test @ 12:17:06

海の日は
スカッと
清水1-0仙台でした。
それにしてもアウェー乗り込んできた仙台サポは数も熱意も凄いですね。日本平が15000人越えるのは,浦和,磐田と時々鹿島ぐらいでしたが、応援マナーといい最高のサポーターです。一度まっ黄色の仙台(和泉中央)スタジアムに行ってみたい物です。

そんな話と無縁に学力低下が叫ばれています。
か つて共通一次試験,医師国家試験年1回、さらに整形専門医筆記試験を経験してきた物にとって,現在の「ゆとり教育」には意義有りです。しかも足並みがそら わズ、公立学校でも既に夏休みと,今週末まで授業のある学校とに別れています。別に学生が勉強したいのならいいのです。
かつて高度成長期にはべ ると・コンベアーの管理に必要な数学など個人差はありませんでした。しかし今や海外と直に商売する時代です。学生のうちから「俺は必要だからポルトガル語 を学ぶ,私は経営修士を取りたいので数学から幾何学(数掘乏悗屐廚箸い辰神爾鮗け学校が提供する時代です。

教師にも、そして学生にも相対評価と絶対評価をするべきでしょう。そういえば地方大学で英検1級がノルマという学校がありましたが、もっと高校,大学は個性を打ち出したほうがいいでしょう。ただでさえ少子化ですから

2002/7/19 金曜日

varig

Filed under: サッカー — test @ 12:16:19

いよいよ夏休みですね。
早速終業式で怪我をした学生が来ましたが,ウキウキし過ぎると大怪我につながります。

近くで納涼ガーデン連日盛況のようですが,大人も酔っ払って溝に落ちないように注意しましょう。
一度利用したいものですが,その前に社員福利厚生をスタジアムで経験するのもいいかと思案中です。
実際のJリーグを生で見ると私が日頃引用している,プレーや練習,怪我がイメージしやすいと思います(共通理解ですね)

さて、準々決勝のベッカムを拝めた試合で起きたダブル・ブッキングの真相がわかりました。私の旅行代理店のチケットはブラジルチームのチームサポートチケットで 「varig」とはブラジル航空なのですね。
宇都宮在住の方のものはスタジアム指定のものですから、ここでバッティングしたようです。本来ならブラジルチームのものはスタジアム指定の席以外のはずなのです。ここエコパへ来ない?と踏んだのか?

とにかくこの複雑怪奇なチケット販売網に本当に振り回された皆さんも怒りが収まったでしょうか?
日本、韓国の国内チケット取り扱いに任せればなんら問題はなかったでしょうね。

さて森岡選手(残念ながらベルギー戦のみ出場)のロング・インタビューで本音を読みました。彼らはこのエコパの近くの森町に幽閉されていたわけです。バスや新幹線に乗り込む時はファンの前に姿を表すのですが,その数が半端ではなかったと‥‥
「ヒデ,イナ、そして伸二など海外組に会いたい気持ちはよくわかる。けど他の選手はほとんどJリーグでピッチに立っているんです。もっと試合を見に来居よ。俺達はいつもスタジアムで戦っているんだからさ。」
まさにその通りですね。観客動員が落ちるチームが2部へ落ちていくのは世界の常識です。それがチームの敗戦だったり,オーナーや選手への反抗だったり理由は様々です。
清水エスパルスも「明日はわが身」なんです。アレックスがラティオで活躍するのをはるばるローマへ観戦しに行くのも楽しみになるでしょうが、まずは近場の自チームを見つめるべきなんですね。
明日は理想的に盛り上がっている「ベガルタ仙台」が相手です。J1の先輩として格の違いを見せておかないと‥‥

2002/7/17 水曜日

赤い悪魔の大集結!

Filed under: サッカー — test @ 12:14:15

写真は本文に関係なく再開したJリーグ会場です。
心配されたスタジアムもこの浦和では全く問題なしですね。これからも常時5万人動員する素晴らしいクラブであるでしょう。
それにしても勝てませんね?
ジュビロの試合運びがうまいのか?
レッズが稚劣なのか?
期待した鈴木啓太選手は全く機能していないように見えました。大川先生も心配でしょう。
アテネ五輪の主力の一人ですから自分がチームを引っ張る気迫が欲しいものです。
「ゲット・ゴール。フクダ」にいつまでも頼れないでしょう?頑張れ赤い悪魔!(大野勢太郎みたいですか=詳しくはナックファイブFMへ)
本題
以前紹介したサロン2002やSP2002

http://www.supporters.jp/sp2002/
からのお知らせです。私も遅れて東京体育館へ(16:00頃)参加予定です。

【日 時】2002年8月3日(土)13:30〜17:00(13:00受付開始)
【会場】東京体育館第一研修室(千駄ヶ谷駅下車すぐ=国立競技場のすぐそ
ば)
【テーマ】ワールドカップを振り返って−「ささえる物語」を中心に(仮)
演者候補として長岡茂氏(JAWOC茨城支部)及び宮城島清也氏(J−S
TEP)にお願いしています。この他数名の方に打診中です。

【日 時】2002年8月10日(土)13:30〜17:00(13:00受付開始)
【会場】神戸ファッション美術館
【テーマ】ワールドカップを振り返って−「観戦と交流の物語」を中心に
(仮)
演者候補として賀川浩氏(ジャーナリスト)にお願いしています。この他数
名の方に打診中です。

2002/7/16 火曜日

なつかしい名前

Filed under: サッカー — test @ 12:12:23

エスパルス10周年で引退した選手が一同に会しました。
詳細は
http://www.s-pulse.co.jp/s-pulse/release2002/pre0628_2.html
まで。実際は出場していない怪我?の選手!もいます。
写 真は93シーズンに宿敵読売クラブから電撃的に移籍してきた守備のスペシャリスト加藤Q氏です。彼とシジマールの逸話はまたいずれ。次期(本当に)チェア マンとなるべき早稲田助教授(これはもうお役ごめんか?)です。現役時代は所沢、静岡を学生Jリーガーも真っ青のスケジュールで飛び回っていました。

さ てそんな脚光を浴びる選手ではなく気になるニュースから。日本サッカー協会に新理事として入る平田氏です。ジーコ日本代表監督との関係は大有りの人物で す。彼と一緒にランチで話をしたのは、1997.01.11でした。当時の名刺の肩書きは「通産省工業技術総務課法令審査委員」です。ブラジル領事館での 勤務経験があること、鹿島へジーコを紹介し皇居を望むパレスホテルでの出会い(笑)、家族に清商大○監督と関係の深い人が居て、川口君たちの清商サッカー 部のブラジル遠征に尽力をつくしたことなど‥‥。彼のサッカーへの関わりはグローバルで半端ではありません!では,第17回サッカー医科学研究会シンポジ ウムでの紹介文を掲載し彼の略歴周知と期待を込めたいと思います。ちなみに他のシンポジストに「電通氏」も居ました。

平田竹男1960 年生まれ(ため?)大阪出身(コテコテ)大手前高校ー横国?-ハーバード大政治学大学院卒。ハーバード大学では外国人として初めて自治会財政委員長に当 選。82通産省入り後も「通産省サッカー部」を創設し小学生時代から愛するサッカーを続ける。89-91の通産省産業政策局サービス産業室長補佐時代に 「スポーツ産業ビジョン21」を策定するとともに91年Jリーグ発足発表まで(財)日本サッカー協会プロリーグ検討委員会に参加。91-94は在ブラジル 日本国大使館一等書記官としてリオでの地域サミット,ブラジルへの経済協力、累積債務交渉等に活躍する一方で、Jリーグのブラジル中継をはじめ日本サッ カーの紹介、日伯サッカー交流に尽力をつくした。高度な技術開発による新産業の創設に取り組む。94-95は「次世代スタジアム研究会」、96に「フット サル、3on3による商店街活性化研究会」を組織し通産省の政策とスポーツ振興と橋渡し役として活躍中。

以上のような経歴です。97-02は何をしていたのかは不明です。
と思っていたら下記の記事がみつかりました。相変わらずだったんですね(笑)
>日本サッカー協会は16日、常務理事会を開き、20日に発足する新体制下の新しい専務理事に、経済産業省資源エネルギー庁の前石油・天然ガス課長、平田竹男氏(42)を内定した。川淵三郎新会長とともに、20日の評議員会、理事会で正式に決める。
平田氏は日本のワールドカップ(W杯)招致活動などに携わり、現在は協会国際プロジェクトのメンバー。語学に堪能で、新会長となる川淵氏は「今後の専務理 事は語学力が不可欠。将来、国際サッカー連盟(FIFA)理事を目指せる人材として、平田氏に白羽の矢を立てた」と説明した。  <Yahooより

2002/7/14 日曜日

JAMES HURST

Filed under: サッカー — test @ 12:11:19

ジェームス・ハースト
前日のダミアンの知ってる日本人はこの
ジェームスの妻でした!!!

国籍:英国
年齢:30歳
職業:教師(英会話)
宗教:なし

Q1 昨夜の食事は何でしたか?
ダミアンと一緒?餃子、味噌汁、ご飯で作ったのは「スミヨ」夫人?

Q2 今日の開催地についてどう思いますか? もし不満があるとすれば、それは何ですか?
静岡市のスタ・バーでのインタビューですから袋井市の「静岡スタジアム:エコパ」はまだ目撃していない!ゆうに60kmは離れている(東京ー小田原くらいか)
Q3 あなたは今日のゲームに何を期待しますか?
イングランド勝利

Q4 あなたの国が、世界に誇れるものは何ですか?
イングランド代表チーム

Q5 あなたが知っている日本人の名前を教えてください
ウタダ・ヒカル(妻ではなく?)

Q6 あなた自身が、世の中で最も大切にしているものは何ですか?
自分の子供達

Q7 あなた自身が、世の中で最も憎んでいるものは何ですか?
natto=納豆

Q8 日本に来て、一番びっくりしたことは何ですか?
食事代の高さ

Q9 日本に来て、何か困ったことはありましたか? あるとすれば、どんなことですか?
なし!

Q10 帰国後、家族や友達に日本のことを聞かれたら、どう答えますか?
グレート

Q11 あなたにとってワールドカップとは何ですか?
a lot=たくさん=人生の大部分という意か?

彼は名古屋での英会話教師として滞在歴があり、名古屋グランパスのサポーターだったと。
しかし清水エスパルスは知りませんでした。さすがにオジー・アルディレスとスティーブ・ペリマン(トットナム・ホットスパー)の名前には反応していましたが。

次のページ »

HTML convert time: 0.128 sec. Powered by WordPress ME